路側表示板で案内を確認したらスムーズに通過しよう

高速道路の各レーン内には、路側表示板と呼ばれる電光表示器が設置されています。路側表示板はレーンの側方に設置されており、通行した車両の区分の他さまざまな案内を表示します。この表示板の案内により、ドライバーは高速道路料金の金額や通行の可否を確認します。

「路側表示板で案内を確認したらスムーズに通過しよう」の続きを読む

カテゴリー:ETC

収受ブーススタッフは現在も欠かせない存在

高速道路に欠かせないものの一つが収受ブースといわれる場所です。これは、高速道路の通行料金を受け取るスタッフが待機しているブースのことです。最近では、ずいぶんと”有料道路自動車料金収受システム”が普及したため、スタッフによるこの通行料金受け取り業務は少なくなったものです。

「収受ブーススタッフは現在も欠かせない存在」の続きを読む

カテゴリー:ETC

運用表示板は高速道路料金所で最初に目にする表示

高速道路の料金所に差し掛かると、まず目に入ってくる大きな案内表示板があります。これが、運用表示板または車線表示板と呼ばれるものです。クルマはこの表示板の案内に沿って車線を移動することになります。渋滞がつきものの高速道路料金所ですが、”電子料金収受システム”のおかげで随分とそれは緩和されてきているのが実情です。

「運用表示板は高速道路料金所で最初に目にする表示」の続きを読む

カテゴリー:ETC

無線アンテナを通じて有料道路の渋滞緩和へ

お盆や年末年始の帰省ラッシュが生まれる場所の一つが高速道路です。有料道路の渋滞緩和プロジェクトの中で最も渋滞する箇所を調べた結果、それが料金所であることが判明しました。この料金の支払いを電子化してしまうというのがETCのシステムで、無線アンテナは料金所の入り口と出口の両方に設置されている機器です。

「無線アンテナを通じて有料道路の渋滞緩和へ」の続きを読む

カテゴリー:ETC

ETCシステムはまず車両検知器からスタート

ETCとは、Electronic Toll Collection System、つまり”電子料金収受システム”の略語で、高速道路の料金支払いをスムーズに行うために作られたものです。支払いには専用のETCクレジットカードが必要となります。

「ETCシステムはまず車両検知器からスタート」の続きを読む

カテゴリー:ETC

このページの先頭へ