カードレットとは各種カードのアプリケーション

カードレットとは、Java上で動作するデビットやクレジットなど各種カードのアプリケーションを言います。またこれは、小さなコンピュータープログラムでもあるため、Java上で機能させることができます。たとえば、ATMやインターネットなどからこのアプリケーションをダウンロードして使用が可能です。

「カードレットとは各種カードのアプリケーション」の続きを読む

アクセスログとは不正防止のために利用される記録

アクセスログとは、コンピューターやネットワークシステム、サーバーなどへアクセスした場合に関連した情報を記録したものをそう呼びます。これを利用することで、アクセスした日時や接続元のIPアドレス、その人が頻繁に利用するウェブブラウザーや、閲覧したサイト、URLなどの情報がテキストファイルに記録されることになります。

「アクセスログとは不正防止のために利用される記録」の続きを読む

リスク度合いに応じてクレジットの金利や限度額を決定するリスクベースドプライシング

リスクベースドプライシングとは、リスク度合いに応じてクレジットの金利や限度額を決定することを呼びます。具体的には、リスク度合いが高い人は金利を高く限度額を低く設定します。一方、リスクの低い人は、金利に応じて限度額を高く設定します。

「リスク度合いに応じてクレジットの金利や限度額を決定するリスクベースドプライシング」の続きを読む

郵便局自動引き落としで引き落としもれをなくそう

自動引落としは、口座振替とも呼ばれており、郵便局だけではなく銀行、信金、信組、労金、農協などの金融機関で利用されています。これは毎月の電気料金、ガス料金、水道料金、電話料金といった公共料金やクレジットカードなどの支払いを、預金口座から自動的に引落しさせるサービスをいいます。

「郵便局自動引き落としで引き落としもれをなくそう」の続きを読む

マネーサプライとは経済の何を測るための指標になるのか

マネーサプライとは、実際に世の中の経済活動に出回っているお金の量のことをいい、正式には通貨供給量と呼ばれています。これは日銀が毎月調査して発表を行っています。もともと中央銀行だけではなく、金融機関から経済活動に対して供給される通貨量になります。

「マネーサプライとは経済の何を測るための指標になるのか」の続きを読む

バスケット分析で顧客がどのような行動をとるのか予測する

バスケット分析とは、顧客がどのような買い物をしたのか分析して、顧客の買い物をする際に一緒に買うものの傾向や相関性を探り出します。これはマーケティング手法として、よく利用されるデータマーケティングの代表的な分析法になります。

「バスケット分析で顧客がどのような行動をとるのか予測する」の続きを読む

入会審査が実施される基準と利用される機関

入会審査とは、その会や組織、団体に入会する資格があるかどうかを審査します。たとえばクレジットカードを申し込む場合には、カード会社は基本的な審査として、安定した収入の有無、返済能力、生活の安定性として、何年同じ住まいにいるかという安住場所の3項目に重点を置いて審査をしています。

「入会審査が実施される基準と利用される機関」の続きを読む

WWWとは何の略でどういう用途があるのでしょうか

WWWとは、World Wide Webの頭文字をとった略称です。これは、単にWebと呼ばれることもあります。これは、多種多様なコンピューター上で共有できるファイルシステムとして開発されましたが、インターネットではなく世界中のサーバーで公開されている情報をWebページとして利用できるシステムをいいます。

「WWWとは何の略でどういう用途があるのでしょうか」の続きを読む

最終支払期日とはどのような日をいうのですか

最終支払期日とはクレジットカードにおいては、完済日を意味します。これは一般的に債務を全額返済することで、その最後の残存債務を支払い終わる日をそう呼びます。また、ローンでは借入金を全額返済し終わる日を呼びますが、完済するとローン債務は終了となります。

「最終支払期日とはどのような日をいうのですか」の続きを読む

日本のカード利用率はどれくらいなのでしょうか

カード利用率とは、どれくらいそのカードが使用されているかというものです。日本の人口はおよそ1億2万人ですが、平均的な保有数は平均1人2~3枚であるため、普及率はとても高い国です。
現在では、国内や海外でクレジットカードの支払いができる店舗は増加しています。

「日本のカード利用率はどれくらいなのでしょうか」の続きを読む

このページの先頭へ