ビッグバンと呼ばれる金融改革で変わる日本での金融市場

ビッグバンとはもともとは宇宙の始まりに起こった爆発を指しますが、それに例えて、金融業界でのシステム大改革の事をビッグバンと呼んでいます。元々は1986年にロンドン証券取引所で実施された大改革の事であり、手数料の自由化、二重資格制、取引会員権の解放、金融市場に競争原理の導入により、規制撤廃と金融自由化を起こしました。

「ビッグバンと呼ばれる金融改革で変わる日本での金融市場」の続きを読む

調停の申立により債権者と債務者との話し合いとは

調停とは、紛争当事者に第三者が介入して紛争の解決を図ることです。これはお互いに話し合っても解決しない事例に対して行われるもので、裁判所の調停室で裁判官を交えた話し合いによって早い解決を目指すものです。紛争している当事者のどちらかが裁判所にて申し立てを行うことで実現し、相手方には裁判所からの呼び出しが行われます。

「調停の申立により債権者と債務者との話し合いとは」の続きを読む

GSM方式の携帯電話を使う事と海外での携帯電話事情

GSMとは携帯電話の通信方式の一つで、主にヨーロッパやアメリカなどを中心に利用されています。日本ではW-CDMA方式で利用されているので、日本に住んでいる以上はあまり使う事がありませんが、もし海外旅行や出張などで持っていく場合には対応した携帯電話が必要です。

「GSM方式の携帯電話を使う事と海外での携帯電話事情」の続きを読む

貸し手責任と呼ばれる金融機関側の責任とは

貸し手責任とは、融資を実行する金融機関が実行、回収、管理の際にトラブルが発生した場合に対する責任の事です。クレジットカード会社や消費者金融、銀行などの貸し手は、利用者に対して契約内容やリスクに対しての説明義務があります。

「貸し手責任と呼ばれる金融機関側の責任とは」の続きを読む

EBPPと呼ばれる電子請求書の普及に纏わる課題とは

EBPPとは電子請求書決済、電子請求提示支払いの事であり、つまりインターネット上で表示される明細書の事です。これにより従来の紙媒体での明細書の郵送を行わなくて済むので、郵送や紙媒体のコストを削減することが可能です。

「EBPPと呼ばれる電子請求書の普及に纏わる課題とは」の続きを読む

レスポンスタイムと呼ばれるコンピュータ処理に発生する時間とは

レスポンスタイムとは、コンピュータ処理で出力が行われるまでの時間のことです。例えばインターネットを利用する際にはパソコン、回線、アクセスを行っているサーバーと、いくつかの工程を経由して画面に表示結果を映し出すのですが、この過程にて処理に時間がかかってしまうと、画面に表示結果を映し出すことに時間がかかってしまいます。

「レスポンスタイムと呼ばれるコンピュータ処理に発生する時間とは」の続きを読む

メーリングハウスに依頼する事でダイレクトメール発送が行われること

メーリングハウスとはダイレクトメールを発送する事業所のことで、主に顧客の個人情報を管理しているリスト業者が行っているケースが多いです。あらかじめ登録している顧客の情報を元に住んでいる地域や性別、年代などの細かな条件を指定し、該当する顧客へまとめて広告を郵送するマーケティング戦略になります。

「メーリングハウスに依頼する事でダイレクトメール発送が行われること」の続きを読む

ピックアップカードとして紹介されるクレジットカードの特徴とは

比較サイトや雑誌などでは、機能性が優れているものとしておすすめされているクレジットカードを、ピックアップカードと呼んでいます。

「ピックアップカードとして紹介されるクレジットカードの特徴とは」の続きを読む

CSによるクレジットカードサービスの向上

CSとは経営用語で顧客満足度と言う意味があります。これはサービス業において顧客をどれだけ満足させて長期的に利用してもらうのかが問われるもので、企業が成長を続けるためには自社製品、サービスに対する重要な要素として注目されているのです。

「CSによるクレジットカードサービスの向上」の続きを読む

貸し手と呼ばれるクレジットカード会社の役割

クレジットカード会社や消費者金融は貸し手と呼ばれる立場にあり、融資を受ける顧客の事を借り手と言います。金融企業以外にも友人に物を貸す場合や、レンタルサービスなどでも同様の言葉が使われています。

「貸し手と呼ばれるクレジットカード会社の役割」の続きを読む

このページの先頭へ