信用保証を行ってもらう事で融資を受ける中小企業

信用保証とは、信頼できない相手を信頼しても大丈夫だと保証することで、主に日本全国にある信用保証協会が業務として請け負っています。新興企業や個人事業主などが融資を受けようとする際、銀行などの金融機関に融資の申し込みを行いますが、過去の実績などがないので金融機関では判断しにくいものになります。

「信用保証を行ってもらう事で融資を受ける中小企業」の続きを読む

信用調査機関を利用して顧客の信用を確かめること

信用調査機関とは、消費者信用ビジネスにおいて、顧客個人の信頼情報を管理している機関のことです。大きくはCIC、日本信用情報機構、全国銀行個人信用センターの3種類に分かれており、クレジットカード会社や消費者金融、割賦販売を行う信販会社などはこれらを利用して顧客の信頼情報を確認することになります。

「信用調査機関を利用して顧客の信用を確かめること」の続きを読む

信用照会システムによるクレジットカードの利用に関する信用

信用照会とは、消費者信用産業にて融資を行う金融機関が、顧客に対して信頼できるのかどうかを調べるために行う事です。過去に他の金融機関から融資を受けていた場合には、個人信用情報機関にて情報が記録されており、過去の取引において返済をきちんと行っていたのか、自己破産をしてないのかなどを調べることになります。

「信用照会システムによるクレジットカードの利用に関する信用」の続きを読む

信用限度額における与信枠の設定方法とは何か

信用限度額とは、企業の取引や消費者信用の顧客などを信用して設定される融資額の事であり、与信枠とも呼ばれています。主に銀行やクレジットカード会社、消費者金融などの金融機関で行っており、限度額には2種類があります。

「信用限度額における与信枠の設定方法とは何か」の続きを読む

信用管理による個人信用情報の取り扱い方とは

信用管理とは、クレジットカード会社や消費者金融、割賦販売を提供する信販会社などの金融機関が、顧客の信用状況を管理することです。顧客が利用している状況をモニタリングすることで、きちんと支払期日を守っているのか、クレジットカードはどの程度利用しているのかをチェックし、異常が発生した際にはすぐに対応することが出来ます。

「信用管理による個人信用情報の取り扱い方とは」の続きを読む

信用確認によるクレジットカードの与信枠の設定への変化

信用確認とは、クレジットカード会社や消費者金融、信販会社などの消費者信用産業業者が、融資の申し込みを行ってきた顧客を信用できる人間なのかを判断するための行為です。

「信用確認によるクレジットカードの与信枠の設定への変化」の続きを読む

信用問題の重要性とクレジットカードの審査との関係

クレジットカードや消費者金融、割賦販売などの消費者信用産業においては、顧客の信用を担保に現金の融資を行っているので、信用が重要なものになります。

「信用問題の重要性とクレジットカードの審査との関係」の続きを読む

信販事業を行う信販会社と販売会社とは何か

信販事業とは、販売店や信販会社が顧客に対して商品販売を行う際に、購入率を上げるために商品代金を貸し付けて割賦払いにて決済を行う事業の事です。主に高額商品などを取り扱う店舗などでは、店舗側が自ら債権者となる場合や提携を結んでいる信販会社がサービスの提供を行う場合があります。

「信販事業を行う信販会社と販売会社とは何か」の続きを読む

クレジットカードで購入した商品の所有権の存在とは

所有権とは、物を自由に使用し、収益、処分する権利のことです。商品を購入した場合には権利は購入者にあるので、商品を自由に利用することが出来ます。

「クレジットカードで購入した商品の所有権の存在とは」の続きを読む

ショッピング機能とキャッシング機能の違いとクレジットカード現金化

ショッピング機能とは、クレジットカードの基本的な使い方の一つで、買い物を行う際にクレジットカードを使うことで現金を使わずに商品やサービスの決済を行うことが可能です。支払代金に関しては、後日にまとめて請求が行われるので、商品の購入時やサービスを受ける際に現金を持ち歩かなくて良いというメリットがあります。

「ショッピング機能とキャッシング機能の違いとクレジットカード現金化」の続きを読む

このページの先頭へ