変動金利算出で変動する利息と住宅ローンの金利の計算

変動金利は住宅ローンを利用する場合に、短期プライムレートの動きにより利息が変動しやすいローン商品です。短期プライムレートとは金利の基準になるもので、最優良企業に対して1年未満の融資を行う際に発生する金利のことを言います。

「変動金利算出で変動する利息と住宅ローンの金利の計算」の続きを読む

変造カードが引き起こすクレジットカード被害への対策

変造カードというものが存在しますが、プリペイドカードやテレフォンカードなどの情報記憶領域に記録されているデータを外部の人間が書き換えたものを指します。不正に利用限度額のデータを書き換えたことにより、過去に社会問題にまで発展しました。

「変造カードが引き起こすクレジットカード被害への対策」の続きを読む

利用者の信用評価を判断するクレジットカードの返済履歴

返済履歴は、クレジットカード会社や消費者金融が所有している利用者の返済状況を記録しているデータになります。このデータは個人信用情報機関にも登録されており、各クレジットカード会社や消費者金融、銀行、信販会社などでも共有されています。

「利用者の信用評価を判断するクレジットカードの返済履歴」の続きを読む

クレジットカードの返済利息に対する割合と有効な使い方

返済利息はその名の通り、消費者金融や販売信用、クレジットカードの分割購入の際に発生する返済に伴う利息のことで、主に返済期間によって大きく変化します。

「クレジットカードの返済利息に対する割合と有効な使い方」の続きを読む

クレジットカードの返済を促す返済促進システム

返済促進システムは、クレジットカードや消費者金融などの消費者信用システムを使って融資を受けている際に返済を比較的に行いやすいように、支払いを続けていくうちに支払金額が徐々に減少していく方法です。

「クレジットカードの返済を促す返済促進システム」の続きを読む

クレジットカード、消費者金融の返済額と利息の賢い付き合い方

クレジットカードや消費者金融などを利用していると必ず発生するのが返済額です。これは融資してもらった現金を返済する金額のことで、元金に加えて返済期間に応じて発生する利息分も加わった金額になります。

「クレジットカード、消費者金融の返済額と利息の賢い付き合い方」の続きを読む

返済回数を利用することで高額商品を買いやすくする方法

クレジットカードや消費者金融、販売信用において、返済回数を決めることが可能です。これは、一括で支払いが厳しい高額な商品やサービスを購入した際に、支払金額を月々の分割で支払いを行うと、一括よりも商品、サービスの利用が行いやすい購入手段になります。

「返済回数を利用することで高額商品を買いやすくする方法」の続きを読む

現金融資方法のベタ貸しが引き起こす危険性

銀行用語で融資額上限に張り付いたままの状態のことベタ貸しといい、現金を融資する債権者としては危険な状態と言えます。

「現金融資方法のベタ貸しが引き起こす危険性」の続きを読む

ペイメントシステムを使ったインターネット上での支払いとは

ペイメントシステムは、支払いを行う決済システムのことで、特に現金での直接取引が行えないインターネットの世界などで導入されています。

「ペイメントシステムを使ったインターネット上での支払いとは」の続きを読む

BASE IIとクレジットカードの決済システム

VISAのクレジットカード決済にまつわる専用ネットワーク回線をBASE IIといいます。BASE Iのオーソリゼーションシステム同様に、VISAが利用できる加盟店からVISAの国際ブランドを持つクレジットカード会社までが接続されています。

「BASE IIとクレジットカードの決済システム」の続きを読む

このページの先頭へ