途上与信でクレジットカードの停止の可能性も

クレジットカードを作成するには、申込用紙に必要書類を添えてクレジット会社に提出しなくてはいけません。これはカード会社が審査をするためで、クレジット会社は利用者に代わってお店や銀行に代金を支払ってくれます。当然、その会社が支払ってくれた代金は、利用者に請求が届けられるということになります。

「途上与信でクレジットカードの停止の可能性も」の続きを読む

クレジットカードの使い分けに適したデュアル発行

デュアル発行は、クレジット会社が2種類の国際ブランドとなるカードを発行することです。一般的にはVISAとマスターカードの組み合わせが多いのですが、ハイグレードになるとAMEXとの組み合わせになることもあります。にこいち的な発想のこのカードのメリットは、当然ですが使い分けにあるでしょう。

「クレジットカードの使い分けに適したデュアル発行」の続きを読む

2種類のカードを発行するデュアリティのメリットとは

デュアリティは、ある一つのクレジット会社がライバル関係にある2つのブランドを発行することです。その歴史は古く、1970年代の末にアメリカで始まりました。日本では、JCBをのぞいてはどのクレジット会社も発行しています。また、自社ブランドを含めて2重ではなく3重になることもよくあるケースとなっているのです。

「2種類のカードを発行するデュアリティのメリットとは」の続きを読む

最低支払金額が利用額の定率によって決まる定率リボルビング

定率リボルビング払いは、クレジットカードで利用した金額に対して返済率を求め金額を決定していく方式です。定額リボルビングで支払う方法とは違って、かなり計算が複雑となっています。

「最低支払金額が利用額の定率によって決まる定率リボルビング」の続きを読む

毎月の最低支払金額が一定な定額リボルビング

定額リボルビング払いは、購入した金額に対して毎月一定額の金額で返していく方式で、利用している人も多いのではないでしょうか。一方で限度額内であればいくら購入しても月の支払いは一定ですから、借金をしているという金銭的感覚が失われるというデメリットを指摘する人もいます。

「毎月の最低支払金額が一定な定額リボルビング」の続きを読む

2枚のクレジットカードを同時に発行するツインカード

ツインカードというのはクレカを申し込む際に指定ができるのですが、2枚を同時に発行する方式であり、その2枚のことを指します。この2枚の機能としては、1枚は提携といってクレジット会社の提携先のクレカです。そして、もう1枚はクレカ会社が発行するプロパーということになります。

「2枚のクレジットカードを同時に発行するツインカード」の続きを読む

数字の入力ミスや読み取りミスをチェックするチェックデジット

数字の世界でのチェックデジットは、ある決まったアルゴリズムに従って、数値や符号、記号などなどに誤りがないか、誤りがあった場合に検出する方法ということです。身近なところではISBNなどの書籍番号、銀行の口座番号などがあり、他にも多くの番号がこの方法でチェックされています。

「数字の入力ミスや読み取りミスをチェックするチェックデジット」の続きを読む

クレカでの買い物の際に分割で支払う総合割賦

総合割賦という言葉に、馴染みがないという人も多いかもしれません。買い物に際して、クレジットカードで分割して支払う方式ということになります。昔ながらの月賦という言葉を連想する人も多いかもしれませんが、それでは月々という意味に限定してしまう言い方になってしまいます。

「クレカでの買い物の際に分割で支払う総合割賦」の続きを読む

全ての買い物において承認が必要な全件オーソリ照会

金融の世界でオーソリというと、信用という意味になります。この言葉の意味としては、カード利用をしている人が信用できる人かどうか調べるということです。以上のことから、過去から現在まで事故歴がないかとか、滞納していないか、借金が多くないかということも信用調査することで分かってしまいます。

「全ての買い物において承認が必要な全件オーソリ照会」の続きを読む

買い物をする際に承認が必要なゼロフロアリミット

ゼロフロアリミットという言葉は、聞き慣れない人が多いことでしょう。これは、会員が買い物をする全てのケースについて、クレジットカードの承認が必要だということです。ゼロというのはその買い物金額が0円からになるということ示していて、これをゼロフロアリミットといっているのです。

「買い物をする際に承認が必要なゼロフロアリミット」の続きを読む

このページの先頭へ