車に乗る人に必携のクレカである石油カード

移動手段が車という人にとっては、メインで利用するクレカを石油カードにしている人も多いことでしょう。石油会社はもれなく、自社ブランドのガソリンスタンドの名前の入ったクレカを発行しています。正確には、クレジット会社が石油カードを発行しているということになるのですが、これを使うメリットには様々なものがあります。

「車に乗る人に必携のクレカである石油カード」の続きを読む

スリーピングカードをメインのクレカにするには

スリーピングカードというと、どのようなイメージがあるでしょうか。文字通り休眠していることから、持ってはいるが全く使わないということです。使わないのに持っている理由として挙げられるのが、お店の開店などでよく行われたキャンペーンです。

「スリーピングカードをメインのクレカにするには」の続きを読む

ICカードの世界的な呼び名はスマートカード

スマートカードは、日本ではICと呼ぶほうが一般的かもしれませんが、世界的にはこちらの方がよく使われています。このICは集積回路を組み込んだもののことで、従来の磁気と比べて取り扱う情報量が飛躍的に伸びました。それは数十倍から数千倍になるというから驚きです。

「ICカードの世界的な呼び名はスマートカード」の続きを読む

クレジットのすべてにおいて基本となるスタンダードカード

スタンダードカードは一般カードともいわれ、クレカの中でももっとも多くの人が取得しています。クレジット会社が発行するもっとも基本的なものになりますから、各クレジット社とも一番力を入れているカテゴリーといってもいいでしょう。

「クレジットのすべてにおいて基本となるスタンダードカード」の続きを読む

クレジットカードの稼働率と睡眠会員の関係

クレジットのサービスに加入しているのに、実際にはそのカードを利用しない人達、または以前は利用していたが現在は利用していない人達のことを睡眠会員といい、休眠会員ともいわれています。

「クレジットカードの稼働率と睡眠会員の関係」の続きを読む

現代の信用経済社会にかかせない信用販売の利点

信用販売とは、物を売り買いする時に、売る方が買う方に信用を与えて、代金支払いを決められた期間猶予することです。掛売のほか、割賦販売、ローンなどの形態で行われます。

「現代の信用経済社会にかかせない信用販売の利点」の続きを読む

クレジットカードの不正利用を防止する信用承認

オーソリゼーションとも言われる信用承認は、加盟店が利用者の信用をそのクレジットカード会社に照会することをいいます。クレジットを使用して買い物をする際、加盟店はそのカードが利用可能か信販会社に確認をとります。

「クレジットカードの不正利用を防止する信用承認」の続きを読む

信販は買い手と信販会社の信用に基づく売買システム

信販とは、信用販売を略したものです。買い手の信用に基づいて、後払いで商品やサービスを購入できる仕組みとなっています。利用者が買い物するとカード会社が代金を立て替えて、後で利用者にその代金相当の支払いを受けるというものです。大手の例としてはオリコ、ジャックスなどがあります。

「信販は買い手と信販会社の信用に基づく売買システム」の続きを読む

カード会社が自社発行しているシングルカード

シングルカードとは信販会社が単独で発行しているクレジットカードのことです。JCBやアメリカンエキスプレス等を指します。他の企業と提携して発行している物は、Mr.マックスVISAカードなど提携している企業名が入るという違いがあるので、すぐ見分けがつくでしょう。また、シングルカードはプロパーとも呼ばれています。

「カード会社が自社発行しているシングルカード」の続きを読む

ショッピングローンとキャッシングローンを分けて考える

ショッピングローンは、正確には「ショッピング枠」と言いますが、今ではそのままローン可能額として扱われているようになっています。どうしてショッピング枠があるのかというと、そもそもクレジットカードはショッピング枠だけでなく、キャッシング枠もありますので、分別するために、そのような名称となのです。

「ショッピングローンとキャッシングローンを分けて考える」の続きを読む

このページの先頭へ