利益から特別損失を引いた金額がマイナスになった税引前損失

税引前損失は、正式な名前は税引前当期純損失と呼ばれています。企業会計上において経常損益あるいは経常損失に特別収益を加えそこから特別損失を差し引いたのちのお金がゼロ以下になることを指すのです。このときの金額がプラスになったときは税引前収益といいます。

「利益から特別損失を引いた金額がマイナスになった税引前損失」の続きを読む

カテゴリー:会計

資産または負債を判定するルールである正常営業循環基準

正常営業循環基準は、企業会計の貸借対照表において、正常な事業巡回あるいは営業サイクル内にあるかどうかで、資産や負債を流動資産あるいは流動負債、固定資産あるいは固定負債のいずれかに分類する企業会計上のルールを示します。

「資産または負債を判定するルールである正常営業循環基準」の続きを読む

カテゴリー:会計

新株を購入してもらう資金調達の仕組みの新株予約権無償割当

新株予約権無償割当は、企業の株主割当を増やす手段の一つでライツ・イシューとも呼ばれています。既存の株主に対して時価よりも安い価格で新株を購入できる権利を無償で割り当てる、企業の資金調達の仕組みです。

「新株を購入してもらう資金調達の仕組みの新株予約権無償割当」の続きを読む

カテゴリー:会計

翌期に支払う賞与を当期に金額を見積もって計上する賞与引当金

賞与引当金は、企業会計上の引当金の一つで、企業が従業員に対して、来期に支払う賞与のうち、今期の労働の提供に対応する金額を見積もって計上する勘定科目をいいます。

「翌期に支払う賞与を当期に金額を見積もって計上する賞与引当金」の続きを読む

カテゴリー:会計

純資産額が法廷資金の額を超えた余剰分である剰余金

剰余金は、企業の純資産額が法廷資産の額を越えた、余剰分のことをいいます。その具体的な内容については、大きく企業会計原則の会計上と会社法上とに分けられ、それぞれでは異なるという点に注意が必要です。

「純資産額が法廷資金の額を超えた余剰分である剰余金」の続きを読む

カテゴリー:会計

子会社の自己資本のうち親会社が所有していない少数株主持分

少数株主持分は親会社と子会社の関係の中で、親が所有していない子の自己資本のことをいいます。一般に親会社が子会社に対して100%の株式を出資している場合は、その子会社の資本の勘定はすべて親会社に帰属するものと見ることができます。

「子会社の自己資本のうち親会社が所有していない少数株主持分」の続きを読む

カテゴリー:会計

純現金収支は事業活動および投資活動による現金収支の総計

純現金収支は、フリーキャッシュフロートも呼ばれています。事業活動による現金収支と投資活動による現金収支を足したものをいいます。これは、事業活動の稼ぎで得た現金である営業キャッシュフローと設備投資やM&Aなどに充当する資金である投資キャッシュフローの合計となります。

「純現金収支は事業活動および投資活動による現金収支の総計」の続きを読む

カテゴリー:会計

商品や金銭を相手から受け取ったと同時に差し入れる受領証

受領証は、商品や製品あるいは金銭を受け取った際に、それを引き渡した相手に対して、受領したことの証拠として渡す証書をいいます。一般的には、商品や製品あるいは金銭を相手から受け取ると交換として同時に差し入れます。

「商品や金銭を相手から受け取ったと同時に差し入れる受領証」の続きを読む

カテゴリー:会計

受領したことを証明し、相手に渡す書類である受領書

受領書は、会社会計上の商品や製品、またはお金を受け取った際、受領したという証明として、それを渡してきた相手に渡す書類を指します。基本的に、相手からサービスや物品を受け取り交換するように同時に渡すものになります。身近な例では宅配便があり、荷物を受け取るときに、印鑑を押す書面がそれにあたります。

「受領したことを証明し、相手に渡す書類である受領書」の続きを読む

カテゴリー:会計

事業のために使用される出資者が提供したお金の出資金

出資金は、一般的には事業活動を行うために使用される出資者が提供した資金ということになります。いっぽう、企業会計では株式組織以外のグループや組合、合名、有限、合資、信用金庫、信用組合、協同組合、その他民法上の法人の持分を処理するための勘定科目です。

「事業のために使用される出資者が提供したお金の出資金」の続きを読む

カテゴリー:会計

このページの先頭へ