固定資産の原状を回復するためにかける費用の修繕費

修繕費は、企業会計において勘定科目の区分の一つで、業務用の固定資産の維持や修理、改良といった支出のための金額のうち、固定資産の通常の維持管理のため、または自然災害等により損壊した固定資産に対して、その原状回復をするために要したと認められる部分の費用です。

「固定資産の原状を回復するためにかける費用の修繕費」の続きを読む

カテゴリー:会計

資本金に組み入れられなかった部分の資本準備金

資本準備金は企業において、株主から払い込まれた金額のうち、資本金に組み入れられなかった部分の金額が積み立てられたものです。これ以外にも会社分割、株式移転、株式交換、合併による差益も本準備金に積み立てられるでしょう。

「資本金に組み入れられなかった部分の資本準備金」の続きを読む

カテゴリー:会計

支払利息は借入金などに係る費用を管理するための勘定科目

支払利息は、会社会計の営業外費用のうちで、銀行や取引先からの借入金などによって管理するための勘定科目をいいます。これには金融機関からの融資を受ける際の保証料を含めてもいいのですが、費用配分の考えから、返済期間が1年を超える長期借入金の保証料は長期前払費用で管理するとのことです。

「支払利息は借入金などに係る費用を管理するための勘定科目」の続きを読む

カテゴリー:会計

販管費のうち外部の専門家に支払う手数料の支払手数料

支払手数料は、企業会計の販売費及び一般管理費のうち、金融機関の振込手数料や、社会保険労務士、弁理士、行政書士、司法書士、弁護士、公認会計士、税理士などの部外の専門科に対する報酬、不動産業者に支払う仲介手数料などを処理するための勘定科目のことです。

「販管費のうち外部の専門家に支払う手数料の支払手数料」の続きを読む

カテゴリー:会計

仕入先に代金支払いのために振り出す商業手形である支払手形

支払手形は、企業が商品やサービスなどを仕入れた代価として、仕入れ先にその代金を支払うために振り出す商業用のものを指し、一般的に有価証券は約束手形と為替手形の二種類があります。約束は、振出人が受取人あるいはその指図人に対して、一定の期日に一定の金額を支払うことを約束する有価証券です。

「仕入先に代金支払いのために振り出す商業手形である支払手形」の続きを読む

カテゴリー:会計

他の債権よりリスクの低いシニアファイナンス

シニアファイナンスは、他の債権より優先的に支払いが行われます。相対的にリスクが低いファイナンスのことを指し、その中で借り入れについては特にシニアローンとよばれています。シニアローンは、返済の優先順位が他の債権よりも低いハイリスクハイリターンの劣後ローンに相対する用途です。従来からある通常の貸出金のことを指します。

「他の債権よりリスクの低いシニアファイナンス」の続きを読む

カテゴリー:会計

企業が所有する現預金・有価証券・土地・建物などの資産

資産は、一般的には個人または企業は所有する現金や預貯金、有価証券、土地や建物などの財産の総称です。また、企業会計上においては、貸借対照表の借方項目で示される、流動、繰延、固定のことを指します。いっぽう、固定と流動の分類は正常営業循環基準とワン・イヤー・ルールによって行われます。

「企業が所有する現預金・有価証券・土地・建物などの資産」の続きを読む

カテゴリー:会計

財務体質の安全性を見る基本的な指標の自己資本

自己資本は、企業会計上の貸借対照表において、広い意味では資産の部と負債の部の差額である純資産の部の金額ということです。いっぽうの狭い意味では、純資産の部の中の株主資本の金額のことをいいます。

「財務体質の安全性を見る基本的な指標の自己資本」の続きを読む

カテゴリー:会計

企業が会社内部から直接資金を調達する自己金融

会社が会社内部から直接資産を得ることを、自己金融と言います。内部金融とも呼ばれ、具体的には会社内である利益の蓄積となる内部留保と、現金支出が発生しない経費の計上による資金留保効果の減価償却に出来る資産調達のことを指すのです。

「企業が会社内部から直接資金を調達する自己金融」の続きを読む

カテゴリー:会計

新株の発行価格を市場価格にする時価発行増資

時価発行増資は、企業が事業の継続のために資金調達を行う際に、新株の価格を時価に近い価格に設定し、行う増資のことです。通常、新株の価格は、価格決定から払い込みまでの間に起こりうる株価変動などを考慮し、ある一定の日を定めて時価価格としています。これによって、ある程度の値引きを行って発行価格が決定されるのです。

「新株の発行価格を市場価格にする時価発行増資」の続きを読む

カテゴリー:会計

このページの先頭へ