世界各国にはびこっているカントリーリスクとは

カントリーリスクという危険性が投資などを行っていく時に発生してしまいますが、これは海外へ投資をしたり、融資や貿易を実施していく際に対象となる国の政治や経済、さらには社会情勢などの環境が変化していったために、個別事業を展開している相手が持っている商業面でのリスクと全く関係のない収益に影響を与えてしまう危険を示唆する度合いとなっています。

「世界各国にはびこっているカントリーリスクとは」の続きを読む

カテゴリー:銀行

為替変動リスクは知っておくべきリスクである

FXなどで資産運用を行っていこうと考えた時には、為替変動リスクを理解しておくことが大切です。この為替変動リスクというのは、円と外国の為替の相場が変動することによって、外貨建てとなっている資産の価値が変動していく可能性を示唆することです。

「為替変動リスクは知っておくべきリスクである」の続きを読む

カテゴリー:銀行

安定性資金で債権を利用する時に考えたい片端入れ

自分自身が管理するお金の活用を方法は人によって様々な考えを持っていきますが、大半は貯金か運用そして投資などに利用していくことになるでしょう。いつでも利用することができるお金を流動性資金と呼んでおり、生活資金などが該当します。急な出費でも普通貯金はすぐに引き下ろすことが可能ですが、流動性資金に該当します。

「安定性資金で債権を利用する時に考えたい片端入れ」の続きを読む

カテゴリー:銀行

保有している資産状況を確認するために加重平均は重要

企業というものは様々な投資家から資金を調達して用いていき、様々な事業活動において流動または固定資産などを購入していくことになります。業績によって事業資産が人財または技術などと結びついていき、そこから生み出される利益またはキャッシュフローなどへ効果を生み出していくことになるのです。

「保有している資産状況を確認するために加重平均は重要」の続きを読む

カテゴリー:銀行

外貨預金やFX取引での確定損益は損をしているのか得をしているのか

確定損益とは外貨預金や為替相場、資産運用や管理の時などに良く使われる言葉です。確定損益は別名を実現損益とも言います。

「外貨預金やFX取引での確定損益は損をしているのか得をしているのか」の続きを読む

カテゴリー:銀行

確定損と評価損の言葉の意味と内容の違いは

確定損とは、別名実現損とも呼ばれています。これは自分が所有している先物証券や所有している株式有価証券、建玉などを決済したり、また売買する時に発生する損失や決算時に購入した金額よりもマイナスになり、決済の時点で損をすることです。取引で決定された損失のことを実際に損をしたという意味で、現実損と言うのです。

「確定損と評価損の言葉の意味と内容の違いは」の続きを読む

カテゴリー:銀行

金融業界の確定益とは実際に利益があるのか

確定益とは、別名実現益とも呼ばれています。これは所有している株式有価証券や建玉などを決済したり、また売買する時に発生する利益や売上のことで、その取引を締結して儲けが出るときには利益が出て、決済で損を出すときに使われる言葉です。

「金融業界の確定益とは実際に利益があるのか」の続きを読む

カテゴリー:銀行

外国為替取引で良く耳にする価格変動リスクとは

為替相場の変動によって外貨が違う金融為替の差額の影響のことを、価格変動リスクと言います。日本円とそれ以外の外貨の交換相場を取り仕切る場所を外国為替相場と言い、為替相場では両者の価格に相違が出てきます。その差額のリスクを為替変動リスクというのです。

「外国為替取引で良く耳にする価格変動リスクとは」の続きを読む

カテゴリー:銀行

証券取引における買い持ちが意味する内容とは

金融取引において、ある企業の株券などを購入し持っている時には、その企業の株を所有しているので、株主となります。また、その株を購入した時よりも高値で売れれば、利益を出すことが可能で、短期保有であれば一日の動きに敏感になりますが、長期保有は株の価格に大きな影響を受けません。

「証券取引における買い持ちが意味する内容とは」の続きを読む

カテゴリー:銀行

買いポジションを知ってマーケットを理解する

マーケットの取引においては、買い注文と売り注文を出していくことになります。その時買いポジションという言葉を聞くことがあるでしょうが、株を買おうとしている状態を指します。別名はロングポジションとも呼ばれており、買いの持ち高をとっている状況を表現しているのですが、買い持ちが売り持ちを上回っている状態になっています。

「買いポジションを知ってマーケットを理解する」の続きを読む

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ