約定値段は株式での取引では2つの方法がある

株式取引において、売買したときの値段を約定値段といい、それは株を売りたい人と買いたい人との間で合意した場合に取引は成立するのです。仮に5株分売りを出したとしても、それを買いたい人がいなければそれは成立せず、株を売れないことになります。そして、株式市場ではこの価格の決め方には2つの種類があります。

「約定値段は株式での取引では2つの方法がある」の続きを読む

カテゴリー:銀行

約定代金とは約定価格に取引株数をかけたお金のこと

約定代金は株式などで使われる用語であり、簡単に言えば株を買った値段のことです。株式では注文をすると売買引時の約定価格があり、それにいくら枚数を買うかで総合的な値段が決まってきます。どちらも多ければ約定代金は高くなり、特に枚数を増やせば増やすほどその値段は上がっていくのです。

「約定代金とは約定価格に取引株数をかけたお金のこと」の続きを読む

カテゴリー:銀行

約定価格は株取引で売買出来た値段のことである

株式では、常に市場で投資家達が株を売ったり買ったりして取引が行われています。株を売る人は、売りたい価格で注文だし、逆に買う人は買いたい価格で注文を出します。その市場では売り買いが成立したときの価格を約定価格といい、必ずしも自分の希望価格で取引できるとは限りません。

「約定価格は株取引で売買出来た値段のことである」の続きを読む

カテゴリー:銀行

無リスク金利はリスクのない資産であると考えられる

無リスク金利はその名の通り、リスクのない金利のことであり、言い換えればリスク無く得られる金利であり、それは資産であると言えます。世の中の資産には、必ずしも損失が出て元本が無くなる危険性はあるが、リスクのない資産があるのかといえば厳密には無いでしょう。

「無リスク金利はリスクのない資産であると考えられる」の続きを読む

カテゴリー:銀行

未済とは、物事が済んでいないことで、金融用語では決済が完了していない状態のことです

未済は英語ではFailed delivery、つまり納品ができていないという意味になり、転じて金融市場では株式や債券、為替、コモディティ・デリバティブなどの売買取引で、その支払うべき代金や支払われるはずのお金が宙に浮いている状態、つまり決済が済んでいない状態をさします。

「未済とは、物事が済んでいないことで、金融用語では決済が完了していない状態のことです」の続きを読む

カテゴリー:銀行

マイナス金利とは金利がゼロ金利を下回ることで、実質金利がマイナスになることです

マイナス金利の具体例をあげると、ゼロ金利政策の時に短期金利がある瞬間にマイナスになることで、インフレの際に名目から物価上昇分を差し引いた実質がマイナスになることを指します。補足すると、金利とはお金の貸し借りでの使用料を指し、元本に対する利子の割合のことです。

「マイナス金利とは金利がゼロ金利を下回ることで、実質金利がマイナスになることです」の続きを読む

カテゴリー:銀行

マージンコールとは、委託証拠金が不足した場合追加しなければならない資金のことです

マージンコールは英語でMargin call、あるいはAdditional marginと言い、この場合のMarginは資金(証拠金)を指し、その意味で日本語では、追い証(追加証拠金)とも呼ばれます。なぜこの資金が必要になるかと言いますと、単純に金融商品の売買取引の資金が相場の変動などで必用になる部分が不足した場合にそれを満たすためです。

「マージンコールとは、委託証拠金が不足した場合追加しなければならない資金のことです」の続きを読む

カテゴリー:銀行

マーケットリスクは、市場価格の変動に起因するリスクのことです

英語ではMarket Riskと書くマーケットリスクは、日本語では市場リスクと呼び、金融商品の市場価格の変動で生じる損害のことです。この言葉は一般的に危険という意味合いがあり、また、予想通りに事が運ばない場合も同様です。

「マーケットリスクは、市場価格の変動に起因するリスクのことです」の続きを読む

カテゴリー:銀行

マーケットニュートラルは買いと売りを組み合わせて安定収益の確保を目指す投資戦略です

マーケットニュートラルとは、買い(ロングポジション)と売り(ショートポジション)を組み合わせることで、市場全体の価格変動に左右されないで安定的な収益の確保を目指す投資戦略を指します。具体的な方法としては、比較的割安感があると判断した銘柄を買い、一方で同額でも割高だと思われる銘柄を売ります。

「マーケットニュートラルは買いと売りを組み合わせて安定収益の確保を目指す投資戦略です」の続きを読む

カテゴリー:銀行

マーケット注文はリアルタイムでの株価・外国為替レートの売買です

マーケット注文は、英語でMarket Orderで、日本語では成行注文あるいはプライス注文とも呼ばれる、株式取引や外国為替取引の方法を指します。株式の場合は可及的速やかな売買の成立を考えて価格を指定しないで、銘柄と数量のみの指定で発注し、外国為替取引の場合は同時進行で提示されているレートでオーダーを出します。

「マーケット注文はリアルタイムでの株価・外国為替レートの売買です」の続きを読む

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ