商品券は一定額の商品を購入できる権利のある有価証券

日本での商品券は前払い式の決済手段になっており、紙面に記載されている金額と交換可能な商品と換えることが可能です。これは現金によって購入したり、プレゼントとしてもらったりすることで手に入れられます。通常は現金に換えることは出来ませんが、金券ショップを通せば、額面の8割か9割程度のお金にすることは可能です。

「商品券は一定額の商品を購入できる権利のある有価証券」の続きを読む

カテゴリー:支払方法

ペイジーは電子的に支払いが出来るサービスのこと

ペイジーはPay-easyと書き、ネットバンクやATMなどを利用して代金の支払いが出来るサービスです。

「ペイジーは電子的に支払いが出来るサービスのこと」の続きを読む

カテゴリー:支払方法

現金は日本で流通する貨幣でありその価値は大きい

現金は私たちの生活ではなくてはならないものです。毎日の食料品を買ったり、雑貨や服などを購入したり、同僚や友人と遊ぶときに使ったりと、生活の中に浸透しています。現代では何をするにしても現金が必要であり、生活しているだけでお金がかかり、一文もなければ何もすることが出来なくなってしまうでしょう。

「現金は日本で流通する貨幣でありその価値は大きい」の続きを読む

カテゴリー:支払方法

銀行振替で毎月の支払いを自動的に引き落としする

毎月発生する公共料金を毎回振込先などへ出向いて支払うのは手間が掛かり、たまには忘れてしまうこともあります。そんな時に利用するのが、銀行振替での自動引き落としによる支払いです。これは毎月決まった日にちに、あなたの口座から自動的に公共料金の金額を引き落として支払ってくれるという便利なサービスです。

「銀行振替で毎月の支払いを自動的に引き落としする」の続きを読む

カテゴリー:支払方法

代金引換は代金を配達人に支払って荷物を受け取る方法

ネットショップなどで買い物をした場合には、その商品の代金を支払うには様々な方法があります。銀行振込にクレジットカード払いに代金引換に後払いなどがあり、購入者は自分の都合の良い支払い方法を選べるようになっているのです。

「代金引換は代金を配達人に支払って荷物を受け取る方法」の続きを読む

カテゴリー:支払方法

クロネコヤマト代引きで荷物を受け取る方法

ネットショップなどで買い物をした場合は、その代金を銀行振込やクレジットカード払いや代引きで受け取る方法などがあります。クロネコヤマトで荷物が送られてくる場合には、クロネコヤマト代引きで荷物を受け取ることも一つの方法です。また受け取る時間を指定することも可能です。

「クロネコヤマト代引きで荷物を受け取る方法」の続きを読む

カテゴリー:支払方法

郵便振込はゆうちょ銀行への振り込みのことを指す

ゆうちょ銀行への口座へ送金することを郵便振込といい、これは他の銀行とは少し違う特徴があります。まず、ゆうちょ口座間での送金は手数料無料で行うことが出来、他の金融機関の同行間手数料無料と同じようになっているのです。もう一つの大きな特徴として、営業時間外や土日祝日でも送金が即反映されます。これは他行とは違う大きな特徴です。

「郵便振込はゆうちょ銀行への振り込みのことを指す」の続きを読む

カテゴリー:支払方法

銀行振込は窓口やATMやインターネットから行うことが出来る

最近では公共料金はコンビニで支払えるようになっており、インターネットバンキングも発達してきたので、ネットから手軽に相手に送金も出来るようになりました。そのために銀行で振り込むという機会は少なくなりましたが、銀行振込は窓口以外にもATMを使ったり、もちろんインターネットを使っても出来るようになっています。

「銀行振込は窓口やATMやインターネットから行うことが出来る」の続きを読む

カテゴリー:支払方法

さらなる実力の証であるICG経営コンサルタント

経営コンサルタントを肩書にできる国内の民間資格には経営士がありますが、それと同様の肩書が通用するICG経営コンサルタントという強力な資格があります。
ICG国際コンサルタンツグループはコンサルタントや士業の組織で、経済産業省が認可している全日本能率連盟に所属をしている団体です。

「さらなる実力の証であるICG経営コンサルタント」の続きを読む

カテゴリー:財務

企業の賃金体制を見つめなおす生産性賃金管理士を知ろう

生産性賃金管理士は、企業の賃金制度をあらゆる側面から分析し、問題点を見つけ改善をするコンサルタントとしての能力を認める民間資格です。
企業が支払う賃金は、企業の支払い能力や、労働者の生計費用、労働員のモチベーションの維持などを考えた上で決定されています。

「企業の賃金体制を見つめなおす生産性賃金管理士を知ろう」の続きを読む

カテゴリー:財務

このページの先頭へ