消費者優先への移行・消費者運動の歴史と、具体的な運動内容

消費者運動とは、明確な定義はないとされていますが、一般的な例を挙げるとエンドユーザーとして、購入した商品やサービスや、その取引などをめぐってその被害または不利益の問題に対する運動と言われます。その根拠は、自分の権利が侵略されたことによって起こることが多いとされています。

「消費者優先への移行・消費者運動の歴史と、具体的な運動内容」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

非消費支出と可処分所得。ここ最近の傾向とは

非消費支出とは支払の中で、所得税や消費税などの税金および、健康保険料、雇用保険料、年金の社会保険料として、強制的に徴収される支払と、預金や貯金などの貯蓄のことを指します。貯金は郵便局・農協に預ける場合のことを指し、銀行や信用金庫などに預ける場合は預金と呼ばれます。

「非消費支出と可処分所得。ここ最近の傾向とは」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

消費支出の分類方法と具体的な項目について

消費支出とは、日本国民が生活を営む上で、必要となる家計の中の支出のことを指します。総務省統計局が毎月実施している家計調査によって算出され、経済指標の一つとなっています。

「消費支出の分類方法と具体的な項目について」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

上場企業のメリット・デメリットと証券会社の意味

上場企業とは、証券取引所に株式を公開している企業のことです。日本における証券取引所は、東京証券取引所、大阪証券取引所、ジャスダック、ヘラクレス、名古屋証券取引所、札幌証券取引所、福岡証券取引所があります。

「上場企業のメリット・デメリットと証券会社の意味」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

証券会社の分類と、「登録制」と「免許制」

証券会社とは、有価証券(株や国債など)の売買などを行う会社のことです。日本においてその位置づけは、金融商品取業者のうち、第一種金融商品取引業を営む会社のことを指します。もともとは、証券取引法において、登録を受けて、証券業を行なう会社を指す法令用語でしたが、金融商品取引法の改正に伴って、それは撤廃されました。

「証券会社の分類と、「登録制」と「免許制」」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

需要・供給のバランスが物やサービスの価格を決める

需要・供給は金融用語を理解する上で、必須の言葉です。需要とは、財(例えば食材など)に対する購買力の裏付けのある欲望のことを指します。簡単に言うと「買いたい」と思う気持ちのこと。ものの金額と買いたいと思う気持ちの関係性を示した図が需要曲線と呼ばれ、右下下がりの線であることが一般的。

「需要・供給のバランスが物やサービスの価格を決める」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

住宅ローンの返済方法と金融機関を選ぶ時のポイント

住宅ローンとは住宅を購入する際に組むローンのことで、銀行やモーゲージバンク、生命保険会社などから借り入れます。支払い方によって「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類に分けることが出来ます。前者は、月々の支払が一定である返済方法。

「住宅ローンの返済方法と金融機関を選ぶ時のポイント」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

社債とは、企業が資金調達目的で発行する債券のこと

社債とは債券の一つであり、企業が資金調達を目的として、投資家などから資金を集める方法の一つです。投資家などの金銭の払込と引き換えに発行する債券。株式とは異なり、この債券を作ると会社にとって負債となります。応募方法には公募と私募があり、それぞれ公募債、私募債と呼ばれます。

「社債とは、企業が資金調達目的で発行する債券のこと」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

社会保険料とは。その5つの保険料と計算方法をご紹介

社会保険料とは、社会保険にかかる料金のことですが、会社勤めであれば、健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料、労災保険料の4つから成ります。また40歳より上の方であれば介護保険料も含まれます。この社会保険料はそれぞれに応じて従業員と事業主との負担分が異なります。

「社会保険料とは。その5つの保険料と計算方法をご紹介」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

社会保険は社会保障の一つで、相互扶助で成り立っている

社会保険とは、日本政府が提供する社会保障の一つであり、国民が生活する上で発生しうるリスクである病気やケガ、高齢化による収入低下、失業や労働時における事故、介護などに備えるサービスのこと。その種類は、年金、介護、医療、雇用、労災の5種類あり、基本的にはすべて強制加入となっています。

「社会保険は社会保障の一つで、相互扶助で成り立っている」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ