需要と供給のバランスによって調整する市場経済

市場経済とは、需要と供給のバランスによって、需給調整または価格調整が行われる経済のことで、これを重要視する経済を市場主義経済や自由主義経済などと言われます。また対立する概念としては計画経済があります。

「需要と供給のバランスによって調整する市場経済」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

自己破産のメリットとデメリットを知っておこう

自己破産とは、裁判所で手続きを行い、支払いが不可能であると判断された場合において、税金を除くすべての債務の支払いを免除されるという制度です。メリットとしては大きく3つあり、第一に、債務の支払がすべて免除されること。第二に、破産の手続きを開始した後は、債権者が強制執行(差し押さえなど)ができなくなること。

「自己破産のメリットとデメリットを知っておこう」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

自己責任とは。またそれが成り立つ前提と、成り立たないケース

自己責任とは「金融商品の取引における損失は、投資家が自ら行なった判断によるものであれば自らが負担する」という原則のことを指します。「投資家の自己責任原則」とも言われます。金融商品販売業者に欠点などがないにも関わらず、投資家の損失を補填することは、上記原則を反していると考えられ補填は禁止されています。

「自己責任とは。またそれが成り立つ前提と、成り立たないケース」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

サブプライムローンとは何か。世界金融危機に陥った理由とは

サブプライムローンとは、アメリカ合衆国においてプライム層(優良客)よりも下位の層として位置づけられる、サブプライム層に向けて貸付されたローンのことを指します。信用度の低い人向けのものであり、一般の住宅ローンなどが通らない人にも貸付けされました。

「サブプライムローンとは何か。世界金融危機に陥った理由とは」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

先物取引は派生商品(デリバティブ)の一部である

先物取引とは、金融商品である派生商品(デリバティブ)の1つのことです。価格が変動するものについて、将来の売買において決まった額での取引を担保するものを指します。

「先物取引は派生商品(デリバティブ)の一部である」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

財務テクノロジー(財テク)の意味とポイント

財テクとは、財務テクノロジーの略語のことで、80年代のバブル時期に発生した言葉であると言われています。意味としては企業や組織などが、余剰資金を証券や不動産などの資産を運用することを指します。個人で行なう資産運用の事も同じように称される場合があります。

「財務テクノロジー(財テク)の意味とポイント」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

債券は社会的信用のある団体が発行する有価証券

債券とは、地方公共団体などの社会的に信用のある発行体が、事業資金等を調達する際に発行する有価証券のことです。株式も有価証券の一つですが、株式との違いは、配当金とリスクの点から説明できます。

「債券は社会的信用のある団体が発行する有価証券」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

金融機関で受けられるサービスの種類について

お金を借りるには金融機関を利用します。金融機関には種類があり、利用するケースや方法によって取引方法が異なっています。たとえば、銀行、郵便局、証券会社、保険会社、カード会社などがありますが、その他にもキャッシング会社や消費者金融があります。

「金融機関で受けられるサービスの種類について」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

コンシューマリズムは消費者が製品の判断をする理念

コンシューマリズムは消費者至上主義とも訳され、消費者の利益を保護するための理念を指します。消費者は製品やサービスについての品質や安全性を自らの判断によって選択することが必要です。そのための理想、理念、活動などのことを言います。

「コンシューマリズムは消費者が製品の判断をする理念」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

コーポレイトガバナンスは株主のためのシステム

コーポレイトガバナンスは経営者が正しい経営を実行するための規制で、株主に不利益にならないような経営をしているかかということを監視することなのです。株式会社というのは株主が会社の経営に必要な資金を提供することで成り立っている会社システムです。

「コーポレイトガバナンスは株主のためのシステム」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ