信用組合が設立された目的と具体的な運営方針

信用組合は、1949年に施行された中小企業等協同組合法に基づいて設立された中小企業金融機関になります。ここでの理念は、組合員のための扶助を目的としており、その経済的な地位の向上を図るために作られた非営利法人です。

「信用組合が設立された目的と具体的な運営方針」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

信用金庫が行う金融業務内容と地域の中での位置づけ

信用金庫とは、日本では預金の受け入れ、資金の移動や融資、ローン、手形の発行などを行う金融機関となります。全国に271店舗が存在しています。これは信用金庫法に基づいて設立された法人となり、CMでもおなじみの信金と呼ばれるものです。

「信用金庫が行う金融業務内容と地域の中での位置づけ」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

信用供与の意味とそれが利用される事例とは

信用供与とは、一般的に金融業界で幅広く使用される言葉になります。ここでは、他人を信用して自己資金や商品などを一時的に貸すことを言います。これは、相手が返済する意思と返済能力があると信じて貸す行為になります。

「信用供与の意味とそれが利用される事例とは」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

信用協同組合と信用金庫との業務内容や対象企業の違い

信用協同組合は、信用組合や信組とも呼ばれています。これは、地域における相互扶助の理念に基づいて運営されています。具体的には、各組合員が預金をすることで、必要な時に融資を受けられるように組織された金融機関のことです。ここでの組合員としては、地域に在住する中小零細事業者や住民、勤労者と限定されています。

「信用協同組合と信用金庫との業務内容や対象企業の違い」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

信用危機が発生した場合の企業融資への影響力

信用危機は、世界的にはクレジット・クランチと呼ばれています。これは金融システムが極端に逼迫する状態です。具体的には、金融機関が融資を縮小したり、その条件を厳格にするような貸し渋りが発生します。たとえ企業が割高の金利を支払っても、資金が借りられなくなる状況となるのです。

「信用危機が発生した場合の企業融資への影響力」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

信組が組織される目的と具体的な業務の特徴

信組とは、信用協同組合の略称になります。基本的には、相互扶助の理念に基づき組合員一人ひとりが預金し合うことで、必要な時に融資を受けられる共同組合のための金融機関になります。ここでの組合員は、全国の地域にある中小零細事業者や住民、勤労者に限定されています。

「信組が組織される目的と具体的な業務の特徴」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

信金が地域で運営される目的とその影響力とは

信金とは、信用金庫の略です。これは地域の中小企業や個人が利用者となり、地域の繁栄を図る目的で作られた金融機関になります。この金融機関の制度や運用方法は、市中にある銀行とは異なります。それは利益第一主義ではなく、あくまでも地域社会の利益が優先されます。

「信金が地域で運営される目的とその影響力とは」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

銀行の国際ルールである新BIS規制の役割

新BIS規制とは、バーゼルⅡとも呼ばれる銀行の国際ルールであり、国際決済銀行によって2006年から決められました。銀行の健全性を示す自己資本率を算出するものであり、多くの国の銀行が自己資本率を出すことで、国際的統一化が行われています。

「銀行の国際ルールである新BIS規制の役割」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

大型融資を受けるシンジケートローンという方法

シンジケートローンとは、大型の融資を受ける際に金融機関が集まり融資を行うローンサービスの事です。金融機関が複数集まるので、シンジケート団と呼ばれる組織が形成され、申込者はシンジケート団を取りまとめるアレンジャーと呼ばれるまとめ役と条件の契約を行います。

「大型融資を受けるシンジケートローンという方法」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

複数の金融機関で成り立つシンジケート団とは

シンジケート団とは、銀行や証券会社、機関投資家などが集まって融資を行う組織です。目的としては銀行1社が投資できない大型資金調達案件に対して投資が行われるものであり、複数の団体で融資を行うので、1社あたりの融資額も少なくなります。

「複数の金融機関で成り立つシンジケート団とは」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ