大きなリスクを負うことになる証券化商品の正体

証券化商品とは、金融機関が所有するローンやリースなどの債権に対して、今後、回収する見込みを前提に利益が出せる商品として発行する有価証券の事です。
主に、住宅ローンや自動車ローン、クレジット債権などの債権が該当します。

「大きなリスクを負うことになる証券化商品の正体」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

市場動向を予測する証券アナリストと呼ばれる仕事

証券アナリストとは、金融市場、株式市場、商品市場などを見極めるプロフェッショナルの事で、市場を分析、調査を行う事で、今後の市場展開などを予想していきます。その為、投資家からの投資に対する判断の意見を述べ、資本市場に対する影響力は強いものであり、過去の動向などのレポートを公表していることから信用が高い立場でもあります。

「市場動向を予測する証券アナリストと呼ばれる仕事」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

普通銀行の事を商業銀行と呼ばれる理由とは

普通銀行の事を商業銀行と呼ばれることがあります。これは、一般の利用者から回収した預金を資金源として、個人や法人へ融資を行う事で、発生する利息を元に利益を生み出す仕組みを使ってビジネスとして成り立たせているので、この呼び名が使われています。

「普通銀行の事を商業銀行と呼ばれる理由とは」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

金融市場をコントロールする準備預金制度の役割

準備預金制度とは、日本の中央銀行に該当する日本銀行が金融政策の為に都市銀行、地方銀行、信用金庫などの民間の金融機関から、強制的に所有する預金の一定金額を預けさせる制度の事です。

「金融市場をコントロールする準備預金制度の役割」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

モーゲージ証券の一つである住宅ローン担保証券とは

モーゲージ証券の一つとして住宅ローン担保証券があります。これは不動産に対するローンの債権を完済できるのかを裏付けした上でその債権を担保にして新しい債権を生み出すものです。

「モーゲージ証券の一つである住宅ローン担保証券とは」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

不透明な資金の流れを生み出すシャドーバンキング

シャドーバンキングとは、投資銀行やヘッジファンドなど証券化の為に特殊な運用を行っている金融機関の事です。金融機関や企業同士の資金の貸し借りなども含まれています。

「不透明な資金の流れを生み出すシャドーバンキング」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

強制的に市中銀行から集める支払準備率とは

支払準備率とは、準備預金制度で都市銀行や地方銀行などの市中銀行が、中央銀行である日本銀行に強制的に預金を行う割合の事です。準備預金制度の役割としては、日本金融のコントロールであり、銀行の規模によって支払準備率は変動します。

「強制的に市中銀行から集める支払準備率とは」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

証券会社の役職員が注文を行う地場出しとは

地場出しとは、証券会社の役職員が他社の役職人に対して有価証券の売買を注文する事です。これにより、役職員しか知りえない情報を元に売買が行われるので、株価に影響する発表が行わる前にリスクを抑えることが出来る行為になります。

「証券会社の役職員が注文を行う地場出しとは」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

金融商品取引での禁止行為である地場受けとは

地場受けとは、金融商品業者が同業者である他社の金融商品業者に対して金融商品の注文を受ける事で、自社の金融商品が値上げすることを知りながら、代わりに購入させる行為になります。

「金融商品取引での禁止行為である地場受けとは」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

シニアローンは2つの意味を持つキーワード

債務担保証券など債権を取引する場合の債務の種類としては、シニアローンと呼ばれるものがあります。これは債務の中でもリスクが少なくすぐに弁済が終了するものであり、債券取引の中ではリスクは少ないが利益も少ないとされるものになります。

「シニアローンは2つの意味を持つキーワード」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ