売掛金の概念とこれを帳簿上で記載する際の注意点

売掛金とは、帳簿上の売上金の未集金のことです。これは、通常1カ月毎に請求されて、それに対して相手先が支払いをする仕組みとなっているため、これを管理する台帳として得意先元帳があります。未収金の発生やその回収、残高が記入されて、相手先毎に管理できるように帳簿をつけていくものです。

「売掛金の概念とこれを帳簿上で記載する際の注意点」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

裏保証の2つの意味合いと過去における実例

一般的に、裏保証には2つの意味合いが存在します。まず、債務者に対して何の了解もないままに、保証人が単独意思により保証するものがあります。これは法律上、債務者の委託を受けないものです。そのため、これは債務者の了解がないまま、保証人の単独意思による色合いが強いと言われています。

「裏保証の2つの意味合いと過去における実例」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

手形の譲渡における裏書の方法とその効力と権利

一般的に手形は、支払期日まで待って支払を受けるだけではなく、銀行で割り引いたり、他の債務支払のために他人に譲渡することができます。裏書とは、手形を譲渡する人が、受け取る人の名前をその裏面に書くことです。実際には、その権利を譲渡する手続きのことです。これにより譲渡されたものを呼び、記名式と白地式に分かれます。

「手形の譲渡における裏書の方法とその効力と権利」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

内金とは最終支払い金の他に途中で支払お金のことを指す

商品やサービスを購入する場合に、その売買代金や請負報酬などの一部を前払いする金銭として内金、内入れ金がありますが、これは、不動産業界では、取引する不動産に付いている抵当権を、売主に抹消してもらう場合や、売主に契約履行の準備を促すために買主が協力する意味合いで支払う場合となります。

「内金とは最終支払い金の他に途中で支払お金のことを指す」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

金融機関が後向き資金を用立てしづらい理由

後向き資金とは、企業の経営が芳しくない場合の需要資金のことです。これは、売上不振に伴う滞貨や減産、赤字などが含まれます。一方、金融機関が融資する場合には、その使途にもよりますが、一番審査が通貨しづらいものが後向き資金です。

「金融機関が後向き資金を用立てしづらい理由」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

受取利息が発生する仕組みとこれが示す勘定科目の位置づけ

一般的に、勘定科目においては、定期預金、普通預金といった預貯金や、取引先や社員への貸付金、国債、社債の公社債などの金融資産を持っていることから、受け取ることができる利子があります。これは、企業が金融機関に預けた資金に対して発生するものとなるため、受取利息と呼ばれています。

「受取利息が発生する仕組みとこれが示す勘定科目の位置づけ」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

金融機関内で浮貸しが実施される方法とそれが禁止される理由

出資法では、金融機関の役職員が自己や第三者の利益のために、職務上保管している金銭やその地位を利用して、副業として不正に金銭の貸付や、賃借の媒介、債務の保証を禁止されています。こういった行為を浮貸しと呼びます。

「金融機関内で浮貸しが実施される方法とそれが禁止される理由」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

迂回融資が実行される仕組みと過去の融資事例

金融機関が資金を融資する際に、その当該子会社や大口信用供与先の関連会社等を迂回させることを迂回融資と呼びます。これは、不正融資の一種となり、「また貸し」とも呼ばれているものです。

「迂回融資が実行される仕組みと過去の融資事例」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

インターネット銀行のサービ内容と利用するリスク

インターネット銀行とは、ウェブを介した銀行取引サービスです。インターネットのウェブブラウザを利用しますが、似たものとして携帯電話のインターネットを利用した銀行取引サービスとして、モバイルバンキングもあります。

「インターネット銀行のサービ内容と利用するリスク」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

インターネットキャッシングの仕組みと利用方法

給料日前や冠婚葬祭などが重なってしまって急にお金が必要になった場合や、なかなか忙しくて銀行のカードローンや消費者金融を利用する暇がない場合に利用できるのが、インターネットキャッシングです。これは自宅にいながら携帯やパソコンから申し込みを行うと、審査から入金まで完了できるネットキャッシングとなります。

「インターネットキャッシングの仕組みと利用方法」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ