他店から他店へと手形が流れる他店券過振りの危険性

企業同士での取引の際に、手形を発行することがあります。これは商品を受け取る企業が後日に設定されている支払日に現金を引き渡すことを約束した書類であり、商品を販売した企業はこの書類を受取、支払日に銀行で現金化して弁済を行うことができます。

「他店から他店へと手形が流れる他店券過振りの危険性」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

複数の貸金業者から融資を受けている多重債務者

複数のクレジットカード会社や消費者金融を利用することで、返済が困難になっている債務者のことを多重債務者と呼びます。

「複数の貸金業者から融資を受けている多重債務者」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

銀行が企業と他の銀行と取引を行う他行主力取引

企業は複数の銀行や信用金庫から融資を受けており、メインとなる金融機関、サブとなる金融機関と使い分けています。

「銀行が企業と他の銀行と取引を行う他行主力取引」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

代理貸付を行う委任金融機関の役割と金融機関との関係

代理貸付とは、銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫等の金融機関が通常の営業では接することが出来ない顧客を獲得するために、日本政策金融金庫や独立行政法人、地方公共団体などを委任金融機関として業務委託を結ぶことで、融資の申し込みを行うことです。

「代理貸付を行う委任金融機関の役割と金融機関との関係」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

日本の銀行界で力を持つメガバンクが行うタイボー

タイボーとは東京の銀行間で行われる取引金利のことで、主に日本の銀行界で力を持つメガバンクの取引により決められる金利の基準となるので、地方銀行をはじめ、東京の銀行と取引を行う全世界の銀行にも影響を及ぼします。

「日本の銀行界で力を持つメガバンクが行うタイボー」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

現金がない場合に代物弁済を使って弁済すること

代物弁済とは、債務者が債権者に対して債務の支払いを行う際に、現金を用いるのが不可能な場合に、現金の代わりに価値のある財産で支払いを行うことです。

「現金がない場合に代物弁済を使って弁済すること」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

退職金を計算する退職給付債務と会社の規模による違い

退職給付債務とは、一定期間企業に務めた場合に従業員に対して退職金が発生します。

「退職金を計算する退職給付債務と会社の規模による違い」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

仕入れた商品が売れない場合に弁済する為の滞貨資金

企業が仕入れた取り扱い商品の売上が減ってしまったことにより、仕入れた商品の債務を決済することができなくなってしまいます。この仕入れた商品の決済の為に必要な資金の事を滞貨資金といいます。

「仕入れた商品が売れない場合に弁済する為の滞貨資金」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

債務者が債務不履行になった場合の連帯保証人に対する代位弁済

代位弁済とは、債務者本人が債務の支払いを行えない場合に、第三者が債務者の代わりに債権者に対して弁済を行うことです。主に人的担保における連帯保証人などが該当し、債権者の許可を得ることで、弁済を行う人物の対象を変更することができます。

「債務者が債務不履行になった場合の連帯保証人に対する代位弁済」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

株式や外国為替で大きなリスクを負う前に損切りによって売買を行うこと

損切りとは、株式や先物取引、外国為替証拠金取引や不動産などの投資商品を購入した際、対象となる商品の評価額が下落してしまった場合に、損を承知ですぐに商品の売買を行うことで、更なる下落による投資リスクを回避することを言います。

「株式や外国為替で大きなリスクを負う前に損切りによって売買を行うこと」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ