被仕向け送金は仕向送金とは表裏の関係にあるもの

銀行は日本だけではなく、世界各国に存在します。そして中央銀行も同様に存在しています。これは国の政策を忠実に守り、国を維持するための設定をするので、経済や金融の世界において影響力は多大なものになります。日本は輸出入を中心にして利益を得ることが多いので、世界各国との結びつきが大きいです。

「被仕向け送金は仕向送金とは表裏の関係にあるもの」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

特約付外貨定期預金の特徴と契約する上での注意点について

銀行は資産運用に大々的に取り組んでいます。その理由としては、手数料を多く取れるので利益を出しやすいためです。融資などは金利を低くすることで利益の幅が狭くなりました。

「特約付外貨定期預金の特徴と契約する上での注意点について」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

TTMはTTSとTTBの中間の値段を表したものである

銀行は電信売買相場を表しており、銀行で主に外国為替証拠金取引をする場合に利用されるものと言われています。この方法は多種多様に分かれており、それがどんな方向性を持って試されるのかが重要な問題です。銀行での取引では手数料が発生します。これが難しいと言われる大きな原因です。

「TTMはTTSとTTBの中間の値段を表したものである」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

TTBはTTSの逆で売る場合においてみるレートのこと

銀行は企業にお金を融資するだけではありません。個人向けのローンも取り扱っています。銀行は信用度が高いので、審査が厳しい傾向にあり、その厳しい審査を潜り抜けてきた人には低金利でお金を貸すのです。だからこそ、この部分の把握はとても必要なことになってくるのです。銀行はお金を融資するだけではありません。

「TTBはTTSの逆で売る場合においてみるレートのこと」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

TTSは電信売相場の呼称であり投資家が見るひとつの板

銀行は預金で預かったお金をずっと保管しておくことはありません。そのお金を維持するのに莫大なお金が発生するからです。また、危険な目にあうことも予想されるので、お金に働いてもらうことでその役割を推薦しているのです。その中で大きく言われているのが、融資です。

「TTSは電信売相場の呼称であり投資家が見るひとつの板」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

通貨オプションを購入する場合には買い手となるほうが無難

為替価格は常時変動しています。特に指標や重要な発表が無い場合などは価格が平坦な場合もありますが、投資家の思惑などにより通貨価格はかなり変動があることが言われています。そうした中で大事にしておかなければいけないのが、損失を最小限に食い止めるというものです。

「通貨オプションを購入する場合には買い手となるほうが無難」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

ストップロスは投資家のリスク管理が試されるものである

投資は自己責任である部分が強く、FXにはリスク管理が必要で、誰かに言われてやっている訳ではなく、あくまでも自分で考えて投資をしています。それを考えるのであれば、しっかりと確認しておかなければいけないことがあります。それこそが、リスクの管理なのです。

「ストップロスは投資家のリスク管理が試されるものである」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

ストレートはアメリカドルがペア対象になっている取引

FXとは、通貨ペアの価格差を変動として利益を得る投資方法です。となると、その価格を判断して投資をしていかなければいけません。ここで重要になるのが、通貨ペアです。FX会社によって取り扱っているものは大きく分かれます。そこをどのように判断して決めるのかがとても大事になってくるのです。

「ストレートはアメリカドルがペア対象になっている取引」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

指値を付けることで利益を確定することが可能となる

指値は利益を予め決めておき、相場がその価格になったら自動的に決済してしまう方法です。これをすることで、自分の心理に影響されない取引を実現できます。実は、それを成功させるのは容易ではありません。しっかりと実現に向けて進むのが重要です。

「指値を付けることで利益を確定することが可能となる」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

為替リスクを考えることは非常に重要である

国によって考え方や行動の仕方などは変わってきますが、通貨に関しては共通した概念を持っています。それは「自国通貨がいかに有利になることができるか」という課題です。通常であればそうなるべきなのですが、各国の思惑と投資家の考えが幾重にも重なり合うので、決して他国だけに有利に進むことは考えられません。

「為替リスクを考えることは非常に重要である」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ