特定管理口座で開設で株式の無価値化に備える

特定管理口座とは、保有している株が上場廃止などで価値がなくなった場合に、課税の特例が受けられるもののことを言います。無価値化する場合は、会社精算で会社が無くなった時などがあり、この時に株式の譲渡損失とみなすことが可能になるので、株式の譲渡益から控除することが出来るようになります。

「特定管理口座で開設で株式の無価値化に備える」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

テクニカルチャートのトレンド系とオシレーター系

過去の通貨の値動きを元に、現在の通貨の状況をパターン化して先の動きを予想することをテクニカル分析といい、その中で使うのがテクニカルチャートです。取引の中でチャートを使うには、自分で設定しなければなりません。FX会社の取引ツールを使用すると、簡単に設定出来るように使いやすくなっているところもあります。

「テクニカルチャートのトレンド系とオシレーター系」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

出来高による株式銘柄の人気と売買の注意点

株式市場では株の売買が行われており、買いたい人と売りたい人の値段が一致すれば売買は成立し、この成立した株数のことを出来高と言います。売り買いが多ければ多く、逆に低ければ少ないということです。出来高は株式取引が行われる日は、毎日銘柄毎に発表され、東証一部などの市場で見ることが出来ます。

「出来高による株式銘柄の人気と売買の注意点」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

TOBで株式を取得する場合の方法とメリットとデメリット

TOBはTakeOverBidの略語であり、日本語では株式公開買付といいます。これはその名の通り、目的の株を取得する為に買い付け内容を公開して、証券取引所を仲介しないで不特定多数の人々から買い付ける方法です。

「TOBで株式を取得する場合の方法とメリットとデメリット」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

つなぎ売りで急落による損失を回避する方法

株を保有する場合は、どうしても利益を最大限に確保しようとして、株価相場が十分に動いた時を狙おうとしてしまいます。しかしそのような場合では、相場が反転して急落して利益が出ているはずが、いつのまにか損失が大きくなっていたということもあります。そのような急落による損失を回避するのが、つなぎ売りです。

「つなぎ売りで急落による損失を回避する方法」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

単元株制度で一定の株式を持たない株主の議決権を制限する

単元株制度とは2001年に定められたものであり、一定の株数を持っていないと議決権がないという制度です。1982年に導入された、単位株制度の問題点を改善するために導入されました。

「単元株制度で一定の株式を持たない株主の議決権を制限する」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

建玉は未決済になっているものを指していることが多い

建玉とは、信用取引や日経225先物取引において、未決済になっているものを言います。つまり、信用買いや信用売りをした場合においてそこを重点的に判断することです。ここを把握できれば、今後の株価の動向を読んでいけるでしょう。

「建玉は未決済になっているものを指していることが多い」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

立会時間中に基本的な取引は行われているので値動きは活発

立会時間とは株の取引時間のことです。普段からこの部分を意識できていれば何も問題はありません。日本では東京証券取引所は午前9時から午後3時まで取引ができ、午前を前場、午後を後場と呼び、午前の終値を引け、午後の取引の終わりを大引けと呼びます。

「立会時間中に基本的な取引は行われているので値動きは活発」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

安値引けで引けた場合には翌日もさらに安値更新する可能性がある

安値引けとは、株式市場が開いている時間をザラ場とも言いますが、終値でその日一番の安値を更新した銘柄を指します。このとき、市場心理としては「明日はさらに下がるのではないだろうか?」という気持ちが蔓延します。

「安値引けで引けた場合には翌日もさらに安値更新する可能性がある」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

高値引けになると翌日にかけての期待感が膨らむことになる

株価は上下を繰り返しながら、ある方向へ動くという性質を持っています。その間に社会情勢の不安や、不祥事などが発生すると、急落などになる可能性が高いでしょう。ネガティブサプライズにはとても強く反応することが市場心理として挙げられているのです。

「高値引けになると翌日にかけての期待感が膨らむことになる」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ