代用有価証券を利用することで信用取引可能額があがる

信用取引においては、証券会社に保証金として30%の委託保証金を預けています。そこに投資信託や債券、さらには有価証券などを保証金として代用できる証券を、代用有価証券と呼び、これを実現させると、多くの必要な資産を投資することが可能です。

「代用有価証券を利用することで信用取引可能額があがる」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

代用掛目は委託証拠金とすることができる基準になるもの

信用取引をする場合には、委託証拠金を担保とされます。お金を借りて投資をするのですが、それを行うには代用掛目程度の金額が必要です。ただし、これは代用有価証券を委託証拠金にする場合にのみ必要になるものなので、その点をしっかりと把握しておきましょう。

「代用掛目は委託証拠金とすることができる基準になるもの」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

貸借銘柄は制度信用銘柄で指定された銘柄のことになる

企業との取引において欠かせないのが、株です。株式会社は増資を目指すうえで、投資家からの資金を得るのが何よりも大切になります。一般投資家だけではなく、銀行などの機関投資家などからも得ることができます。

「貸借銘柄は制度信用銘柄で指定された銘柄のことになる」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

貸借倍率は信用買いと信用売りのバランスを数値化したもの

信用取引は、買いと売りのバランスがとても大事です。これは貸借倍率として毎日公表されています。この倍率を考慮することにより、今後株価がどう推移していくのかを参考にできるでしょう。信用買いが高ければ値上がりが期待され、信用売りが高ければ、値下がりが考えられます。

「貸借倍率は信用買いと信用売りのバランスを数値化したもの」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

貸借取引は信用取引でありお金を借りて投資をすること

国としては、企業が成長することが必要です。企業の業績に応じて景気は上下に振れます。企業としてはその問題について常に意識して議論していかなければなりません。そして企業の成長には投資家の活躍が必要不可欠です。資産を銀行などに貯蓄しておくことは、お金が何の役割も持たないので、あまり歓迎されません。

「貸借取引は信用取引でありお金を借りて投資をすること」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

第三者割当増資は企業と関係の深い第三者から募集する増資計画

会社を経営していくには、何よりもお金が必要です。経費はもちろん、新規事業を立ち上げる場合には、多額の設備投資が必要になります。お金の管理について一生懸命考えることにより、普段では目にできないような流れを作れるようになります。ここを把握するのは何よりも大切です。

「第三者割当増資は企業と関係の深い第三者から募集する増資計画」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

減配は業績悪化により配当が減ることを意味している

企業の業績は、外部や内部の環境により大きく変わります。この部分は致し方ないところはあります。設備投資をして事業を拡大している最中は、すぐに成果が出るわけではありませんので、そのマイナス部分を本業の儲けから差し引くかたちになります。

「減配は業績悪化により配当が減ることを意味している」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

増配は配当が増えることを意味し業績が好調の表れ

株価は、ある一定の方向へ上下を繰り返しながら進むという傾向があり、現在どちらを向いているのかを把握するのが重要です。普段から値幅に対して考えられるようになるには、ある程度の経験と覚悟、そして考えを共有しておく必要があるでしょう。

「増配は配当が増えることを意味し業績が好調の表れ」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

前場は証券取引時間の午前の部のことを表している

東京証券取引所は午前9時から11時半、午後の12時半から15時まで取引をしており、この午前中に当たる取引を前場と呼び、午後を後場と呼びます。特に違いはなく、単純に午前の部と午後の部というものです。最近は夜間取引も可能にするような議論がされているものの、課題が多く難航しています。

「前場は証券取引時間の午前の部のことを表している」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

整理ポストに入ったら上場廃止が決定された銘柄になる

証券取引所に上場することは容易ではありません。厳しい財務審査などを通過した優良企業しか取引を行うことができません。怪しい企業が上場してしまえば、投資家の資産がすぐになくなる可能性があります。ここの考えをしっかりと確認しておくようにすると、投資をする時の心構えを身に付けるようになります。

「整理ポストに入ったら上場廃止が決定された銘柄になる」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ