制度信用銘柄は指定されており信頼関係が強い銘柄と言われる

信用取引では基本的に銘柄を投資家が自由に選べます。しかし、その中の制度信用取引においては、銘柄が決められており、投資家が選べる銘柄が制限されているのです。これを制度信用銘柄と呼んでおり、誰でも指定されるわけではなく、厳しい基準をクリアした優良企業のみがピックアップされます。

「制度信用銘柄は指定されており信頼関係が強い銘柄と言われる」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

制度信用取引は証券会社のお墨付きをもらった取引になる

株価は大きく変化することが考えられています。その中でも特に問題になるのが、信用取引です。短期的に見れば大きく株価を変動させるだけのパワーを持っており、この取引ををどこまで一生懸命に取り組むかによって、投資家の行動が変わってくるでしょう。

「制度信用取引は証券会社のお墨付きをもらった取引になる」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

ストップ安を設けることで投資家の資産を保護する狙いがある

株価により値幅制限法が適用され、株価が1日に動く値幅が決まり、それを超える場合には、その株の取引が停止されます。これは、投資家の資産を保護するのが狙いで、ストップ安はまさにそうです。市場心理が大幅に崩れてしまう部分を上手く利用していることが挙げられます。

「ストップ安を設けることで投資家の資産を保護する狙いがある」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

ストップ高は相場の過熱感を抑える目的があり設定されている

相場の環境認識をしていく中で重要になるのが、「投資家心理」です。投資家がどのような状態で恐怖を覚え、どのような状況で投げ出したくなるのかを常に把握しておかなければなりません。そこを上手く利用すれば、多くの利益を出すことが可能となるでしょう。

「ストップ高は相場の過熱感を抑える目的があり設定されている」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

信用倍率が分かると株価が将来どうなるかの動向が見えてくる

株式投資において、信用取引がもたらす株価への影響は年々大きくなる傾向があります。短期的には信用取引がとても意味を持つ場面は多く、利益拡大を目標にして投資をしているという点からも、信用取引に目がいくことは想像に難くないでしょう。

「信用倍率が分かると株価が将来どうなるかの動向が見えてくる」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

信用取引残高は返済がまで終わっていない返済残高のことを指す

株は現物取引や信用取引などを通じて、やり取りが可能です。投資家はこの取引方法の中でどの方法が自分に合っているか、こなせているかを把握しておく必要があります。普段通りには中々やり取りができないことであっても、難しく考えることはありません。

「信用取引残高は返済がまで終わっていない返済残高のことを指す」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

信用取引は投資をしたくても資金が足りない場合に利用される

株価は値上がりと値下がりを繰り返しながら、ある一定の方向へ進むと言われています。そのため、どうすれば利益を得ることができるのかといえば、安くかって高く売るという方法しかありません。しかし例外もあります。そこで、信用取引というものを考えから外すことはできないでしょう。

「信用取引は投資をしたくても資金が足りない場合に利用される」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

信用建余力を下回った場合は委託保証金として追加しなければならない

信用取引をする場合には、信用建余力である最低限必要な金額を用意しておかなければならないでしょう。これは投資家が渡す担保のような役割を担っています。相場の変動により価格は上下するので、損失が発生している場合には、維持することができません。

「信用建余力を下回った場合は委託保証金として追加しなければならない」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

信用金利は証券会社によって異なるので確認が必要

信用金利とは、信用取引を行う場合に発生する手数料を指し、別の呼び方で、日歩とも呼んでいます。これは、空買いや空売りをした場合に発生するものです。信用取引は、何もないところから売買をします。これ行うには、どこかからお金または証券を借りる必要があるでしょう。

「信用金利は証券会社によって異なるので確認が必要」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

信用管理料は建玉を管理するために発生する手数料のこと

信用取引においては、建玉を管理するために所定の手数料が別途発生する場合があり、これを信用管理料と呼んでいます。新規建約定日から1か月目の応当日を経過するたびに、1株につき10.8銭の手数料が発生し、10株であれば1円8銭、100株であれば18円、1000株であれば180円発生します。

「信用管理料は建玉を管理するために発生する手数料のこと」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ