後遺障害を意識してクレジットカードの保険加入を考え

人によっては、将来的に障害を抱えるケースもありえます。なので、生命保険に加入しておくのが良いとされているのですが、生命保険に加入するというのが面倒という人もおられるので、そのような場合にはクレジットカードを代理店として、保険加入をするのも良かったりします。

「後遺障害を意識してクレジットカードの保険加入を考え」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

クレジットカードには兼業代理店なるものも存在する

街角などの広告を見ていると、「クレジットカードを扱っている兼業代理店です」というものをよく見かけます。また、このような代理店は特にクレジットカードでは多くなってきており、上手く支払いで役立てると何かとメリットが多かったりしますので覚えておいて損はありません。

「クレジットカードには兼業代理店なるものも存在する」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

契約者配当金も利用してクレジットカードの返済を行う

クレジットカード支払について、今では柔軟な対応を行うことが可能です。次のような方法で好みのものを選択して返済を行っていくというのが、今ではスタンダードとなっています。まず、通常ではリボルビング支払という方式で、多くの人はクレジットカードの返済を行っています。

「契約者配当金も利用してクレジットカードの返済を行う」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

経験表を利用してクオリティの高い契約者を目指す方法

クレジットカードというのは、信用が高い人になればなるほどに利用限度額が増額となるようになっています。ですが、言葉でそのまま伝えたとしても、実際に信用がある人物なのかどうかについてはわかりません。クレジットカード会社にしても、どのようにして判断すればいいのかが不明だからです。

「経験表を利用してクオリティの高い契約者を目指す方法」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

経験生命表を知って正しくクレジットカードを利用する

今のクレジットカードであれば、経験生命表などを活用しての保険付帯というのもありです。過去では、クレジットカードというと、金利が安くサービスが充実していたものが選ばれました。ですが、今ではクレジットカードに簡単に別のサービス(保険など)をオプションとして取り付けられるようになっています。

「経験生命表を知って正しくクレジットカードを利用する」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

クレジットカード扱いで信用を高める方法について

個人の金融利用情報には信用情報というものがあります。これは信用情報機関に加盟している金融機関が登録している情報なのですが、この情報については利用をする毎に情報が登録されるようになっているのです。クレジットカード扱いで信用を高めるには、よく使っていかないといけません。

「クレジットカード扱いで信用を高める方法について」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

クレジットカードの利用とクーリング・オフ制度

クーリング・オフ制度については、クレジットカード利用であっても制度の適用が出来るようになっています。ですが、ものによっては利用できないので、その点については注意しないといけません。

「クレジットカードの利用とクーリング・オフ制度」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

クレジットカードを現金化する共助は消費者庁でも注意を呼びかけている

世の中では、自助・公助・共助という3つの助けがあります。普通に生活する場合、よく理解できるのは自助くらいでしょう。自助というのは自分の力で全ての物事に対処するという意味で、生活を自分の力で行っているのであれば、当然ですが自助についてはされている状態となります。

「クレジットカードを現金化する共助は消費者庁でも注意を呼びかけている」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

失業中の給付金が発生している場合のクレジットカードの利用

クレジットカードを利用していく場合、生活保護受給と並んでハローワークでの手続きで給付されるかどうか判断される、失業給付金、いわゆる失業手当てについても知っておくと、クレジット利用において納得する場面が多いです。

「失業中の給付金が発生している場合のクレジットカードの利用」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

休業損害は家事労働でも適用されるようになっている

今は多目的な理由でクレジットカードを所持する人は増えています。その中で特殊とも言えるものに、休業損害保険というものがあります。最近になって注目を集めるようになったのですが、クレジットカードとの相性が良いようで特に女性からの人気が高まっています。

「休業損害は家事労働でも適用されるようになっている」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ