過剰融資は今ではカード利用でも制限がかかっている

クレジットカードでもそうですが、過去には過剰融資と言うものが問題視されていました。と言うのも、借り過ぎ注意となっているローンであっても、貸す金額については定まっていない時代もあったからです。あくまでも過去の時代の話で、現代では過剰に融資が行えないように変わっています。具体的には総量規制がそうです。

「過剰融資は今ではカード利用でも制限がかかっている」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

貸出限度額と極度額には違いがありますので注意

クレジットカードの利用においては、希望借入額と言うものを設定した状態で審査が行われるようになっています。ですが、実際に希望限度額で反映されると決定しているわけではありません。と言うのも、クレジットカードには貸出上限や極度額があるからです。

「貸出限度額と極度額には違いがありますので注意」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

貸出金利については制限がかかっているので各社同じになる事が多い

現在では、貸出金利については法律の規制もあり、ある程度の変動幅があるだけで20%超のものについてはなくなっています。過去においては、28%超で金融商品が販売されている事もありましたが、借り過ぎの際には返済が難しいと言う事で今では規制もあり取り扱われていません。

「貸出金利については制限がかかっているので各社同じになる事が多い」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

貸金業法があるので安心してクレジットカードが利用できる

カードローンなどでもそうですし、クレジットカードでも貸金業法があるので貸金についてはその金額に限度と言うものがあります。

「貸金業法があるので安心してクレジットカードが利用できる」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

借りる前に必ず貸金業登録番号をチェックする

クレジットカードでもそうですが、お店を運営してローンなどの金融商品を提供する際には、届出についても必要となってきます。届出がなかった場合に運営をされていると、不正な運営をしている業者として罰されるのですが、一般的には貸金業登録番号と言うものでチェックが出来るようになっています。

「借りる前に必ず貸金業登録番号をチェックする」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

貸金業は広範囲の業者を指し示すものではない

お金を貸し付けている業者やビジネスの形態を貸金業と言います。また、銀行などについては必ずしもこの貸金業でまとめられている訳でもありません。例えば、貸金については小口の融資を主に指しますので、大口融資を前提としている銀行については当てはまらないケースも多いのです。

「貸金業は広範囲の業者を指し示すものではない」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

貸金を利用する際の注意喚起と業者を監督する機関は金融庁

貸金業者と言うのはクレジットカード会社やローン会社を言います。また、借金と言うのはお金を借りている状態をいい、貸金とは違います。お金を貸している側や貸している状態を貸金とされていて、トラブルが多い事も知られているので金融庁が業者を管理し、また利用する人にも注意喚起を行っています。

「貸金を利用する際の注意喚起と業者を監督する機関は金融庁」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

クレジットカードの利用では買取屋に注意しないといけない

クレジットカードには買取屋と呼ばれる業者が存在しています。買取を行うわけなのですが、主にネットなどではクレジットカードの利用による現金化について目に付くケースが多くなっています。

「クレジットカードの利用では買取屋に注意しないといけない」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

クレジットカードで利用されている支払方法は回転ローン

ローンやクレジットカードでは、支払においては回数制が導入されています。また、過去においては、1度で全額を返済するような返済方法も用意されていたのですが、今ではこちらのような方法については採用されていません。

「クレジットカードで利用されている支払方法は回転ローン」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

クレジットカードの利用でも回収規制は用意されている

クレジットカードなどの借金をした後に、業者とトラブルとなると、業者側から何度も借金返済の催促がある場合が過去ではありました。ですが、今ではトラブルとなったとしても業者の方での対応は一定の対応までとなっています。と言うのも、今では回収規制で支払については管理がされているからです。

「クレジットカードの利用でも回収規制は用意されている」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ