カーローンとカー用品ローンは違うローンです

カーローンは車の購入をローンで行う事です。なので、このプランでは車単体に対して借入契約を行っているので、通常より金利が安く設定されているのです。また、車のパーツに関しては、自動車用品に関するプランで契約を結ぶので、こちらで契約を組むようにして支払を行っていきます。

「カーローンとカー用品ローンは違うローンです」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

キャッシングも今ではオンラインキャッシングで可能

現代ではクレジットカードやカードローンに関するサービスについてはオンライン化が進んでいます。オンライン化とは、オンラインで何もかもサービスを利用できるようになっているものではなく、サービスの一部をネットで対応しているだけです。

「キャッシングも今ではオンラインキャッシングで可能」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

オートローンはタイドローンとなっているので通常とは違うローン

銀行に行くと、ローンが金融商品として販売されています。顧客はその中から好みのものを選択するのですが、オートローンとされているものはそれらの金融商品とは別のプランとなっています。オートローンは銀行によっては、「自動車、マイカー」などの名称になっており、名称については定まっていないのも特徴となっています。

「オートローンはタイドローンとなっているので通常とは違うローン」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

約定返済日があるのでペナルティーとして延滞利息が発生する

延滞利息と言うのはペナルティーの事です。借金では、基本的に延滞利息分と言う項目がありますので、返済で遅延されている場合には返済が遅れた日数分で遅延損害金と言うものが計算されるようになっています。ただ、ペナルティーではあるのですが支払ってしまうと、その時点でトラブルについてはなかった扱いになります。

「約定返済日があるのでペナルティーとして延滞利息が発生する」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

クレジットカードの支払なども一括完済に対応している

通常のクレジットカード支払については回数が固定です。例えば、ショッピングで商品購入をされた際に支払回数を決めてクレジットカード払いとなるのですが、その際12回払いにサインをされている場合に後になって24回払いや36回払いに変更するには、クレジットカード会社に問い合わせをして、支払回数の変更を要請しないといけません。

「クレジットカードの支払なども一括完済に対応している」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

毎月の支払と一部繰上返済については別物となっている

クレジットカードなどの支払では繰上返済についても可能となっています。正式には一部繰上返済と言う名称でサービスが提供されているのですが、こちらについては随時返済や固定料金による返済とは違っています。

「毎月の支払と一部繰上返済については別物となっている」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

一般的なカードローンやクレジットカード利用はアンタイドローン

カードローンなどの借入先では、「お使いみちについては自由となっています」と言うPRが良く利用されています。また、お使いみちと言うのはカードローンなどの資金使途について自由となっているのを言っています。なので、どのような目的であっても利用については制限がされていないのです。

「一般的なカードローンやクレジットカード利用はアンタイドローン」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

あるとき払いと随時返済については似ているようで違うものです

金融商品や保険料金の支払では、支払いには約定返済と、あるとき払いの2種類が用意されています。ただ、両方の支払方法に共通する点として、毎月で決まった金額を支払うと言う点で同じなところがあります。

「あるとき払いと随時返済については似ているようで違うものです」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

アドオン返済があるのでわかりやすい利息計算となっている

クレジットカードの利用などではリボルビング払いがありますが、他にもアドオン返済があります。特に今ではクレジットカードで健康や自動車、生活に関する保険に加入できるようになっているのですが、どうして支払については複雑にならずに済んでいるのかと言うと、先ほどのアドオンのような返済方法が用意されているからです。

「アドオン返済があるのでわかりやすい利息計算となっている」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

割増保険料があるので保険については特別で加入も可能

生命保険への加入は健康状態によって断られる事もあります。喫煙や飲酒といった生活習慣の自己申告制の部分に加えて、一番最近実施した病院での健康診断結果の提出を求めるところが多いでしょう。

「割増保険料があるので保険については特別で加入も可能」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ