運用有価証券信託は証券による信託となっている

取引には証券を利用した取引が存在しますが、実際にそれを行うのは証券を持つ個人ではなく、トレードを行う業者です。株式によるトレードが有名ですが、証券について無ければ金銭で購入し、その後に運用有価証券信託と言う形で運用をスタートします。

「運用有価証券信託は証券による信託となっている」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

免許をもって運営している信託業者が運用型信託会社

資産については個人レベルでは運用が難しいものもあるでしょう。具体的なものでは不動産がそうですが、このような大型の投資は運用型信託会社などの運用を専門として取り扱っている業者にて契約を行います。

「免許をもって運営している信託業者が運用型信託会社」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

個人信用情報機関で特に利用されているJICC

現代においてカード利用の借金と言うのは、ローン契約の審査において問題がない契約者として認められた場合を言います。過去においては、カード利用の借金をしたとしても返済が可能かどうかを、個別で審査するような時代もあったのですが、現代ではそのような対応については、ローカルの金融業者以外では行っていません。

「個人信用情報機関で特に利用されているJICC」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

ATM返済は返済する場所によって名称が違う

ローン返済については、ATM返済が可能です。また、銀行でキャッシングされている場合にはATMからの支払いと言うのは当然のように感じますが、現代では銀行などで設置された物のみを活用する訳ではありません。

「ATM返済は返済する場所によって名称が違う」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

個人向け小口融資などではローン保証料がかかる

ローンにはローン保証料もあり、具体的なものではカードによる借入がそうです。カードによる借入と言うと、カードローンの契約時に手数料無料で、且つ保証人不要となっているのが最大の魅力であり特徴となっています。しかし、手数料ではなく保証料はかかるので注意しないといけません。

「個人向け小口融資などではローン保証料がかかる」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

ローン手数料はローン金利の事ではありません

ローン金利は、予め定められている規制内で利率が決まるようになっています。銀行では14.0%前後となっており、サラリーマン金融では18.0%前後で定まっている事が多いでしょう。ただ、規制では20%以内であれば金利については自由です。

「ローン手数料はローン金利の事ではありません」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

ローン契約は弁済が可能な場合に契約が出来る

借金と言うのは未成年では不可能です。未成年の場合、弁済の能力が不足していると言う点でどのような金融業者であっても借金は認めていません。可能なケースもありますが、条件付きの審査となり、実際の審査とは別物の審査を通過しないといけません。

「ローン契約は弁済が可能な場合に契約が出来る」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

ローン金利については手数料ではなく年率の利息分です

クレジットカードなどで借金をする事もできますが、これをキャッシング枠と言います。また、このキャッシング枠については、ショッピングの場合の利用とは全く違うので注意しないといけません。

「ローン金利については手数料ではなく年率の利息分です」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

ローンカードは発行・未発行を決められるようになっている

ローンカードについては、通常の借金とは別とされている事もありますが、今では同じものとして統一されています。過去においては、ローンカードを複数の業者で利用されていたので、差異があり区別されていた時代がありました。

「ローンカードは発行・未発行を決められるようになっている」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

連帯保証人とは違う連帯債務者についての案内

混同している人が多いと思いますが、似ているようで連帯保証人と連帯債務者は違います。連帯保証人とは、予め債務者の1人になっている状態を言い、つまり、クレジットカードなどローンにおける保証人と言うのは、ローンを支払う可能性がある個人を表しているのです。

「連帯保証人とは違う連帯債務者についての案内」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ