ローン審査で重要なレンダースエクスチェンジ

昔と違って、今ではローン業者についても業者同士でデータの共有を目指しています。正確には、そのような同盟をしているのではなく信用情報機関、もしくはデータを保有する側に加盟している銀行が多く、個人情報ではなく信用情報を利用されている銀行が増えてきたと言うだけです。

「ローン審査で重要なレンダースエクスチェンジ」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

臨時返済については認められていない金融商品もある

一般的にローンと言うのは返済タイミングが定まっています。ただ、支払については基本的に自由となっているので、借入先の殆どは支払先口座について掲載していたりするのです。わかりやすいものでは、公式サイトのローン返済のページに書かれている振込先がそうです。

「臨時返済については認められていない金融商品もある」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

臨時全部返済なら最終の返済日前までで支払が可能

支払については、約定が定まっているので守らないといけません。例えば、主な借金の支払やクレジットカードの場合には約定日が設定されるので、守らないと損害を与えたとして遅延損害金が要求される場合があります。しかし、そのような対応については実を言うと業者側についても納得済みでローンが可能であったりするのです。

「臨時全部返済なら最終の返済日前までで支払が可能」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

トータルの返済額を少なく出来る臨時一部返済

現代のクレジットカードや他の借入では、臨時一部返済が認められるようになっています。クレジットカードでは特に一般的となっているのですが、臨時で借金を返せる場合に返済を認めていると言うのが、この臨時一部返済です。なので、約定返済について細かく返していくスタイルに切り替えると言うものではありません。

「トータルの返済額を少なく出来る臨時一部返済」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

利息分の支払が面倒な場合には利率天引き方式

ローンで発生する利息は、計算そのものについては非常に楽です。例えば、30万円のカードローンの利息計算については、支払回数と実質年率で計算をするだけなので、掛け算が苦手な人でない限りは、その2つを知っているだけで大まかに計算が出来るでしょう。

「利息分の支払が面倒な場合には利率天引き方式」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

反復して借入が出来るローンがリボルビングローン

クレジットカードなどの支払方法は、借入の方式で定められています。例えば、リボルビングローンは、今ではクレジットカードの支払方法で有名となっていますが、他にも元利均等返済方式なども採用されていたりもします。

「反復して借入が出来るローンがリボルビングローン」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

リボ団信保険に加入しているとローンの間は安全

クレジットカードを利用していると、クレジットカードのローンの仕組みで不思議に思われる面もあるでしょう。例えば、クレジットカードの契約者が重度障害者になってしまったり、もしくは不慮の事故で亡くなられたりした際については、どのような方法で弁済をしていくのかと疑問に思う方も多いです。

「リボ団信保険に加入しているとローンの間は安全」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

過去においては街金で利用されていた利息天引き方式

ヤミ金がよく利用している手段として有名な利息天引き方式は、本来は個人や少人数で運営している金融業者で用いられていた金利の徴収手段です。天引きと言うのは、天引きとある通りに引き落とされるような形で、前もって必要な分が引き落とされるようになっています。

「過去においては街金で利用されていた利息天引き方式」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

ヤミ金などで用いられている利息先取方式について

クレジットカードなどで有名となりましたが、今では小さな金額に対してのヤミ金も存在します。また、一般業者と同じように営業しているヤミ金も多いので、そもそもどのようにして判断をすればいいのかが不明であるのが、ヤミ金そのものの面倒な点でしょう。

「ヤミ金などで用いられている利息先取方式について」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

キャッシングローンの殆どは有担保ローン前提となっている

借金には、カードローンやキャッシングによるものがあります。また、便利な商品購入ごとの借金ではクレジットカードもありますが、ローンとして近しい形態を取っているカードローンとキャッシングについての違いを明確にすると、有担保ローンによる借金が前提となっている点が大きな違いです。

「キャッシングローンの殆どは有担保ローン前提となっている」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ