償還期日は長いほど利率はそれにともない高くなる

債券は満期まで保有すれば、その時期になると償還金は支払われ、それまでの期日を償還期日と言います。発行側にとってはこの期間が集めた資金を使える期間であり、投資家にとっては資金を運用する期間となるのです。

「償還期日は長いほど利率はそれにともない高くなる」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

償還期限まで債券を保有すれば額面が戻ってくる

債券は購入して償還期限まで保有していれば、その間は定期的に利息を得ることができ、償還時には額面金額が戻ってきます。償還日まで長期間になればなるほど、利率は高くなる場合が多く、計画的に資金運用するのも可能となってきます。

「償還期限まで債券を保有すれば額面が戻ってくる」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

償還期間は長ければ長いほど利率は高くなる

償還期間とは債券を購入してから償還金が返済されるまでの期日のことをいい、たとえば10年なら購入後10年経つと償還金が支払われることになります。通常はこの期日が長ければ長いほど利率が高く設定されており、長期になると25年や30年期間のものもありますが、なかには期限の定まっていない無期限の債券もあります。

「償還期間は長ければ長いほど利率は高くなる」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

順デュアル債は円建てと外貨建ての両方の性質を持つ

デュアル債は利払いや償還などが2種類の通貨で行われる債券をいい、そのうち払い込みや利息の支払いが円で、償還が円以外の外貨で行われる外国の債券のことを順デュアル債といいます。これは、利息の受け取り時には為替のリスクはなく定期的に利息を受け取れますが、償還金を受け取る場合には為替リスクが発生します。

「順デュアル債は円建てと外貨建ての両方の性質を持つ」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

ジュニア債はハイリターンハイリスクの債券である

ジュニア債は劣後債とも言われ、証券化商品であり、リスクを3つの度合いで分類したときに最も高リスクの債券のことを言います。社債の一種であり、元本や利息の支払いが生じたときは、購入した投資家に対する支払いは一番最後にされます。

「ジュニア債はハイリターンハイリスクの債券である」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

ジャンクボンドに投資する際のリスクと注意点

ジャンクボンドとは高い利回りの債券のことであり、発行側の信用力が低いので、その分デフォルトなどの危険性が高く、それに伴い利率が高く設定されています。日本国債など十分信頼性の高い債券がある中で、これらは信用力が低いので、利率を高くしないと投資家に買ってもらうことが出来ないのです。

「ジャンクボンドに投資する際のリスクと注意点」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

ジャンク債は格付けの低い債券のことをいう

ジャンク債とは、低格付けの債券のことをいい、格付け会社での格付けが低いです。有名なムーディーズやスタンダード・アンド・プアーズ社の格付けではBaやBBなど環境の変化を受けやすく信用の低い債券と位置づけられています。

「ジャンク債は格付けの低い債券のことをいう」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

私募債は少人数を対象として発行される債券のこと

私募債は少人数の特定の投資家を対象として発行される債券のことをいいます。公募とは対称的な概念の債券であり、50人未満を対象として募集が行われ、2年や10年といった期間を選択できるので、資金調達する側としては安定した資金が見込めるのです。

「私募債は少人数を対象として発行される債券のこと」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

シニア債はリスク度合いのなかでも一番低いリスク

シニア債は優先債とも言われ、債券をリスクの度合いで分類して3つに分けたときに、最もリスクが低く信用力が高い債券のことです。そのためにローリスクでありローリターンであるとも言えます。それに対し、リスクの高いものを劣後債といい、中間のリスクのものをメザニン債といい、このように3つに分類されているのです。

「シニア債はリスク度合いのなかでも一番低いリスク」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

特定事業の資金確保のために発行する債券は指定事業収益債という名称

指定事業収益債はレベニュー債とも言われ、国や地方自治体が、特定の事業の資金確保のために発行する債券のことを言います。それは道路や空港や上下水道などのインフラ確保の為のものであり、必要となる資金は民間を通して債券が取引されて確保されます。

「特定事業の資金確保のために発行する債券は指定事業収益債という名称」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ