市場公募地方債は市場で公募して取引する債券

市場公募地方債は、都道府県や政令指定都市で財政確保のために発行される債券です。地方自治体が発行するものであり、証券会社や銀行などを通じて一般の投資家に販売され、個人でも購入可能です。国債などの次に信用力の高い債券であり、その元本は国が補填する場合もあります。

「市場公募地方債は市場で公募して取引する債券」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

仕組み債はスワップなど特別な仕組みを持つもの

仕組み債とはその名の通り、仕組みを持つ債権のことをいい、スワップやデリバディブなどの仕組みを持っています。通常の債権とは異なるキャッシュフローを持っているので、金利や償還金などの支払い方法を柔軟に変更することが可能となっています。

「仕組み債はスワップなど特別な仕組みを持つもの」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

企業が資金確保のために発行する債券である事業債

事業債は社債とも言われ、一般法人の会社が設備投資金や運転資金や発行済債券の償還資金を集めるために発行する債券です。利率は固定されており、それは企業の信用力や市場の金利動向などによって変わってきます。

「企業が資金確保のために発行する債券である事業債」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

残存期間は長ければ長いほど金利変化のリスクがある

残存期間というのは、現在の債券の償還日までの日数のことをいい、償還期日10年の国債を買って6年経過すれば、その期間は4年ということになります。これは既発債の利回りを考えるときにも使われる数値であり、新発債の場合には償還期日が計算に用いられているのです。

「残存期間は長ければ長いほど金利変化のリスクがある」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

経営悪化した公営企業などが発行する債券の三セク債

三セク債は正式名称では第三セクター等改革推進債といい、地方自治体が運営する公営企業で、財政状況が悪化した場合に、そこを廃止し精算するときに発行が認められている債券です。

「経営悪化した公営企業などが発行する債券の三セク債」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

サムライボンドは為替変動のリスクがない債券

サムライボンドは海外の国際機関や民間企業が日本で発行する円建ての債券のことで。日本が作った債券ということから、日本をイメージしやすいサムライという名称が付けられています。この債券は利子と償還金は円で支払われるものがほとんどです。しかし、中にはどちらかが外貨建てで支払われる種類のものもあります。

「サムライボンドは為替変動のリスクがない債券」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

サムライ債は円建てで日本で発行される債券

サムライ債はサムライボンドといった名称でも呼ばれることがあり、海外の証券業者などが日本国内市場を対象にして円建てで発行している債券のことです。日本を連想させる言葉としてこのような名称がついています。

「サムライ債は円建てで日本で発行される債券」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

財投機関債は特殊法人が財政確保のために発行する債券

財投機関債は、首都高速道路公団や中小企業金融公団といった特殊法人が発行する債券のことです。これは政府が元本などを保証しない債券と言われていますが、実際にこれらの法人の経営が悪化したときには、政府は保証しませんが、実際には経営支援は行われるのではないかと思われます。

「財投機関債は特殊法人が財政確保のために発行する債券」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

最終利回りは償還まで債券を保有したときの損益

債券は満期まで保有していれば償還され、それまでの利息と額面と購入時の価格差で損益が出てきて、この満期までの損益を最終利回りと言います。計算する場合は、保有期間中の利息と、償還時の債券価格の損益を足して計算します。

「最終利回りは償還まで債券を保有したときの損益」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

債券標準価格は時価評価の際に参考にされる価格である

債券標準価格は、またの名をJSPriceとも呼ばれ、野村證券と野村総合研究所と日経デジタルメディアと金融工学研究所の4社が運営している、債券の時価情報を共同で評価するものです。10年以上前からデータは提供されており、その積み重ねによりノウハウや金融工学に基づき、ロジックフィルターは日々精度を増しています。

「債券標準価格は時価評価の際に参考にされる価格である」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ