外貨建てMMFが外貨での投資であり利回りが非常に高い

外貨建てMMFはファンドを通して外貨建の運用を行う投資であり、外貨預金と性質が似ています。ファンドと同様に運用した成績によって投資家へ利益が分配金として支払われ、利回りは約束されているものではありませんが、過去の成績からある程度の利回りは予想することは出来ます。

「外貨建てMMFが外貨での投資であり利回りが非常に高い」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

隠密介入は政府機関が隠密に介入を行うこと

隠密介入とは通常の介入とは違い、政府機関が市場に介入する場合に、それを行っているとは公表せずに秘密裏に行うことです。この言葉は、正式な用語として確立されたものではなく、マーケット関係者や投資家の間で言われている言葉であり、覆面介入とも言われています。

「隠密介入は政府機関が隠密に介入を行うこと」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

オフィシャルビッドは通貨当局による買いのこと

オフィシャルビットは公的機関による為替市場による買いのことを指し、公的機関は通貨当局のことを指します。これは金融や財政や経済などを担当する政府機関のことであり、日本の場合は日本銀行のことであり、財務省の決定によって為替政策を行い介入が行われるのです。

「オフィシャルビッドは通貨当局による買いのこと」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

オーストラリアドルはオーストラリアの公式通貨

オーストラリアドルはオーストラリア連邦で使われる通貨であり、日本では豪ドルなどと言われることもあります。また、ポリネシアのナウルとツバルとキリバでも用いられています。金利が高く設定されているので、金利差を狙った投資に人気があり、海外からの資本が大量に流れてきており、日本でも人気のある取引通貨です。

「オーストラリアドルはオーストラリアの公式通貨」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

オージーは外国為替のオーストラリアドルのこと

オージーはオーストラリアドルの事をいい、日本では豪ドルと言われることもあります。これは外国為替取引で使われる言葉であり、たとえばオージー円といえばオーストラリアドルと日本円の組み合わせのことを指します。オーストラリア連邦の公式通貨であり、外国為替取引では、米ドルやユーロや円や英ポンドに次いで取引量が多いです。

「オージーは外国為替のオーストラリアドルのこと」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

円安圧力は外国為替市場において日本円の売りが強まっている状態

外国為替市場において、日本円の売りの勢いが買いの勢いよりも上回っている状態を円安圧力といい、これは投資家の売りが加速している状態ではありますが、これには日本経済の状況や米国経済の状況や経済指標などによって、投資家が動いているという背景があります。

「円安圧力は外国為替市場において日本円の売りが強まっている状態」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

円投は円資金を外貨資金に換えて運用すること

円投は資金を外貨資金に換えて運用することであり、この運用によって利益を上げるには、利率の差がスプレッドよりも大きい場合に限られます。例えば資金を外国為替取引で米ドルに換えて、それを米ドル債券に投資する場合などが挙げられるでしょう。これにより利率の差を利用して差益を上げることが出来るのです。

「円投は円資金を外貨資金に換えて運用すること」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

円転は外貨資産を円資産に転換して運用すること

円転とは外貨資産を円資産に転換して運用することであり、これを行うにはスプレッドが金利差よりも大きく、それによって利益を上げられる場合に行うことが多いです。例えば米ドルの債券を売って、その代金で日本円に外国為替取引で換えるという方法があり、これによってドル売り円買いが実施されます。

「円転は外貨資産を円資産に転換して運用すること」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

発言などによって緊張が高まる特徴がある円高圧力

円高圧力とは、最終的に作用によって円高となる圧力のことです。また、圧力といっても1つの国が敵対視するような形で圧力をかけているわけではありません。主に、円高傾向になっている場合に圧力がかかっていると言われているだけです。例えば、日本の政府要人などの発言がそうです。

「発言などによって緊張が高まる特徴がある円高圧力」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

エキゾチック通貨とは違う特徴を有しているエマージング通貨

通貨には、エマージングもあればエキゾチックもあります。先にエキゾチックからの案内となりますが、エキゾチックというのは発展途上国などで発行されている通貨のことです。

「エキゾチック通貨とは違う特徴を有しているエマージング通貨」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ