各種の特徴について期待がされているEUR

EURは、EU(欧州連合加盟国)によって新設された通貨です。このように多くの国で新設された通貨については「単一通貨」と言ったりもします。また、名称についてはアルファベットよりも「ユーロ」がよく用いられるようになっています。

「各種の特徴について期待がされているEUR」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

特殊な利益を出している点が注目されているEGP

EGPは、エジプト・アラブ共和国で発行されている通貨です。アルファベット3文字で記述されている場合は主に取引などで使われるために用いられることが多かったりします。一般的にこのような通貨の取引では、メジャーカレンシーとされている先進国の通貨とは分けて表示されているケースが多いです。

「特殊な利益を出している点が注目されているEGP」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

特殊な形で運用されている点が特徴的なDKK

DKKは、デンマーク王国で発行されている通貨です。アルファベット3文字で記述されているケースでは、主に通貨コードで表示を行わないといけないケースで用いられています。例えば、通貨ペアを決めないといけない取引画面で使われています。

「特殊な形で運用されている点が特徴的なDKK」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

最終的にユーロで統一されるのを目指しているCZK

CZKは、チェコ共和国で発行されている通貨なのですが、通常のものと比較すると違った特徴があるとして知られています。例えば、将来的には自国通貨として運用していくのではなく、安定性の高いユーロに統合される(導入される)のを目指しているという特徴があります。

「最終的にユーロで統一されるのを目指しているCZK」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

通貨パスケット方式で管理されているのがCNY

CNYは、中華人民共和国で発行されている通貨です。主だった特徴では次のような点があるのですが、最近になって知られるようになったということでもよく知られている通貨であったりします。例えば、近年になって中国の通貨当局が市場に介入をする形でレート維持をしている点が知られるようになりました。

「通貨パスケット方式で管理されているのがCNY」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

不安定感が見え隠れしている特徴があるCLP

CLPは、チリ共和国が発行している通貨です。一般的には「チリ・ペソ」として親しまれているのですが、取引においては何かしらのきっかけがない限りは購入されないことでも知られています。というのも、チリ・ペソには次のような特徴があるので、よほどFXトレードなどに長けていないと扱いづらい通貨となっているからです。

「不安定感が見え隠れしている特徴があるCLP」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

永世中立国の通貨なのでCHFは安定性が高い

CHFは、スイス連邦が発行している通貨であるスイスフランのことです。記号が用いられている場合は、通貨コードで表示を行っているだけとなっています。実際の取引では、そのままスイスフランが使われていたりするのですが、一般的なFXトレードなどでは記号が用いられるようになっている場合が多いです。

「永世中立国の通貨なのでCHFは安定性が高い」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

相関関係の高さで利用されている通貨がCAD

CADは、ISO4217で定められている通貨となっています。G7の1つとなっているカナダが発行する通貨としても有名で、通称としては他にカナダドルなどが用いられるようになってるのです。G7とは先進七ヶ国のことなのですが、このような大きな特徴をもっているために、「相関関係の部分も注目されている」ことで有名であったりもします。

「相関関係の高さで利用されている通貨がCAD」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

BRLとはブラジル連邦共和国の現在の通貨レアルの国際通貨コード

BRLとは、ブラジル連邦共和国の現在の通貨レアルのことです。BRLの補助通貨単位としては1/100レアルと等しいセンターボ (centavo) があります。発行はブラジル中央銀行によってされています。

「BRLとはブラジル連邦共和国の現在の通貨レアルの国際通貨コード」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

AUDはオーストラリア連邦で用いられる通貨オーストラリア・ドルの通貨コード

AUDとは、オーストラリア連邦で流通している通貨オーストラリア・ドル(英語ではAustralian Dollarと表記する)の通貨コードです。A$、豪ドルといった表記や呼称があります。オーストラリア領土以外で用いられている国としては、ポリネシアのナウルやツバル、キリバスです。

「AUDはオーストラリア連邦で用いられる通貨オーストラリア・ドルの通貨コード」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ