取引所外取引の種類と国内における位置づけ

取引所外取引とは、その名前の通り株式売買を取引所以外の場所で行うことです。これは1988年に取引所集中義務が撤廃されてから行われるようになったことで、株式を証券会社でもとりあつかえるようになりました。現在は多くの人が活用している方法ではありますが、このように規制されていた時代もあったわけです。

「取引所外取引の種類と国内における位置づけ」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

アメリカと日本で少し違うトラッキングストック

特定の子会社・事業部門の業績や価値と連動するように配当を行う株式のことを、トラッキングストックと呼びます。もちろん株式の発行自体は親会社が行うものなので、そこで調達された資金は親会社へ入ります。

「アメリカと日本で少し違うトラッキングストック」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

特別気配はチャンスにもピンチにもなります

一度に大量の注文が出ている状態は、相場において異常な状態です。ある程度の範囲であれば活性化していると見ることもできますが、度を過ぎると売買が成立しなくなってしまいます。そのときに相場の急激な変動を抑えるために、特別気配が出されるのです。このとき板情報には特という文字が出され、投資家へ知らされます。

「特別気配はチャンスにもピンチにもなります」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

買い注文が多いときに出される特別買い気配

特別買い気配とは、売り注文がほとんどなく買い注文ばかりに片寄った状況を打開するため、証券取引所が表示する特別措置の一つです。これが出されたあとは5分ごとに値段が引き上げられることになり、最終的にストップ高になってしまう可能性があります。その目的は、呼値の周知をはかることです。

「買い注文が多いときに出される特別買い気配」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

売り注文が多いときに出される特別売り気配

特別売り気配とは、取引所が買い注文を誘い出すために出して、需要と供給のバランスを取るためのものです。売り注文が大量にあるが買い注文がないという状況は、売買が成立しなくなってしまいます。そのため、このような特別措置をする必要があるわけです。

「売り注文が多いときに出される特別売り気配」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

特設注意市場銘柄はどうやって決められているのか

特設注意市場銘柄とは2007年に東京証券取引所で新設されたもので、ある条件を満たした銘柄が指定されて注意喚起をうながします。その条件を簡単にまとめると、企業統治に問題があるということです。指定されてしまう理由としては、有価証券報告書の虚偽記載、上場契約違反などがあります。

「特設注意市場銘柄はどうやって決められているのか」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

株の所持で特殊な立ち位置となってしまうものに登録株がある

一般的に株式というのは、「売買か保有」の2択にて好みの方を選択するとなっています。売買については、取引においてもうけを出すために利用するとなり、保有については保有していることで受けられる恩恵をいただくために売らない対応を続けるとなります。

「株の所持で特殊な立ち位置となってしまうものに登録株がある」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

市場の状況が中立かそうでないのかを理解できる騰落レシオ

騰落レシオは、一般的にレシオについて指標化したものですが、場合によっては騰落銘柄数として情報が掲載されている場合があります。どちらも同じ意味で使われているので、レシオについて注目されていれば問題ありません。レシオとは、ある種の情報と別の種類の情報で比較をした場合の比率を言います。

「市場の状況が中立かそうでないのかを理解できる騰落レシオ」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

個別銘柄の価格の上下に関する指標が騰落銘柄数

一般的には騰落レシオといわれることが多い騰落銘柄数ですが、データとしては株式市場で用いられることが多いとされているレシオです。

「個別銘柄の価格の上下に関する指標が騰落銘柄数」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

投資家などで利用される情報が投資部門別売買状況

投資部門別売買状況とは、投資家別に見た日本株などの取引状況をまとめたものです。投資部門別売買に関する統計については、東京証券取引所などで使われていますが、似たようなものに投資主体別売買動向という統計も存在しており、こちらについては日本経済新聞社などで用いられています。

「投資家などで利用される情報が投資部門別売買状況」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ