特殊な機関やケースで用いられる投資主体別売買動向

投資主体別売買動向とは、投資家別に見た日本企業の銘柄に関する取引状況となっています。また、このような特殊な情報については利用する先についても、一般的なトレーダーではなく日本経済新聞社といった組織などで利用されています。

「特殊な機関やケースで用いられる投資主体別売買動向」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

株の売買については手口情報などで明らかになっている

手口情報とは、売り手口や買い手口について、まとめた情報のことです。銘柄については証券取引所で扱われているのですが、それらがどのようにして売買されているのかについては、手口などを理解していないと不明となってしまいます。

「株の売買については手口情報などで明らかになっている」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

上位にあたる10銘柄のことを出来高10位占有率と呼ぶ

銘柄については、指標とされているものが数多く存在するのですが、単純なシェアについてまとめているものでは出来高10位占有率があります。出来高というのは、実際のシェアのことなのですが、シェアについてはその日によって変動するようになっているので、このような形でまとめられるようになっているのです。

「上位にあたる10銘柄のことを出来高10位占有率と呼ぶ」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

VWAPと呼ばれることもある出来高加重平均価格

出来高加重平均価格は、VWAPとも呼ばれることがある証券取引所の平均価格です。一般的に金融商品取引所で知られている場所で、証券については扱われているのですが、価格については変動するようになっているので、平均価格についても種類分けがされるのです。

「VWAPと呼ばれることもある出来高加重平均価格」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

時代に関係なく人気の銘柄がディフェンシブ銘柄

株式投資で利用されている銘柄についてですが、一般的に多く取引されているものはディフェンシブ銘柄となっています。ディフェンシブとは、景気動向に関係なく安定しているものであることを示しているので、景気が危うくなった場合であっても価値については上下しにくい特徴があります。

「時代に関係なく人気の銘柄がディフェンシブ銘柄」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

安定した取引が期待できるディフェンシブストック

一般的にトレードで活用されている銘柄には決まりもあります。具体的には、ディフェンシブストックが有名なのですが、ディフェンシブについては「ディフェンシブ銘柄」といった通称も存在するほど、今では定着しているよく取引される銘柄です。

「安定した取引が期待できるディフェンシブストック」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

株価水準が低い場合には低位株となり中程度は中位の扱いになる

株価には株価水準というものがあります。なにをもって水準としているのかというと、各銘柄の価格について平均を求め、その銘柄が全体に対してどの程度の水準に達しているのかで、水準の名称が定められるようになっています。例えば、「低い場合には低位株、中程度の場合には中位株」というふうになります。

「株価水準が低い場合には低位株となり中程度は中位の扱いになる」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

中国に存在する日本企業の銘柄は中国関連株扱いとなる

日本は世界に向けて企業進出をしていることでも有名ですが、それは銘柄にも反映されています。例えば、中国関連株がそうなのですが、中国関連にも日本企業の銘柄が複数存在するので、外国の証券に関する取引であっても、日本企業の銘柄を選択してトレードできるケースまであるのです。

「中国に存在する日本企業の銘柄は中国関連株扱いとなる」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

昔より使いやすさが向上したとされている中国株

近年になって注目されることになった株の中で、特に高い注目を集めているのが中国株です。昔は「レッドチップ株」と言われ嫌われていた時期もあった株です。なぜ嫌われていた時期があったのかというと、取引においては玄人向けの株としての特徴を多く持っていたからです。

「昔より使いやすさが向上したとされている中国株」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

初心者トレーダーにとっては優しい株が中位株

中位株は、株価の水準が中くらいの銘柄をいいます。銘柄とは、取引において取り扱われる商品のことです。証券会社などを通じて一般のトレーダーは取引を行っていく訳ですが、基本的に中位あたりの株を利用して売買をするのが基本となっています。

「初心者トレーダーにとっては優しい株が中位株」の続きを読む

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ