粗利益率は会計上の専門用語で売上高に占める利益の比率の事

会計における専門用語の一つに、粗利益率というものがあります。これは、その名の通り企業が出した売上高のうち、粗利益がどのくらいの比率であるかを表すものです。ちなみに、粗利と略して呼ばれ、企業の売上高のうち売上原価を差し引いて出されたものを指します。

これは損益計算書で計算される利益の一つで、大雑把な計算をすることからこの名前となったと言われています。企業は、このような粗利を源泉としており、比率が高ければ高いほど良いものとして考えられるのです。

つまり、景気が良い状態であれば比率は上昇しますが、反対に悪くなってしまうと下降してしまいます。この粗利益率があることで、各企業は自社で販売・提供しているサービスや商品の収益性などをチェックできるようになっています。比率が高い場合、その商品またはサービスの収益性も高いと判断できるでしょう。

しかし、もしもその率が低い場合にはその商品・サービスの収益性も低いということが考えられるのです。ちなみに、直販で商品・サービスが提供される場合が多いことも比率を上げるきっかけになり、また、販売会社をまたいで提供されることが多くなってしまうと比率を下げてしまうでしょう。

このように、企業の収益性などを確認する上でこの数値は欠かせません。当然のことながら、クレジットカード会社なども、自社の利益率を大まかに出すためにこの比率を基準にしています。ただし、あくまで粗利は大雑把に計算された利益となるので、この情報だけを鵜呑みにしないように気をつけることが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ