企業の赤字を防ぐためには欠かせない、安全余裕率

企業の売上高が減少した時、その減少がどの程度までであれば赤字を防げるのかという基準を示す比率を、安全余裕率と呼びます。この比率はCVP分析をする際の指標の一つとされており、主に企業が出したコストや販売量、利益などの関係性を分析する場合に用いられるものです。

ちなみに詳しい計算式についてですが、1-【損益分岐点比率】の式か、或いは{(【売上高】-【損益分岐点売上高】÷売上高)}×100の式を用います。
企業の売上と費用が等しくなったとすれば、その部分が利益ゼロとなっているということです。

ちなみに、この企業利益がゼロとなる部分のことは、損益分岐点売上高と呼びます。この分岐点より上回っている利益はどの程度なのかということを計算し、比率で出したものが安全余裕率です。こうして分岐点よりも上回っている利益がどのくらいになるかを表すことで、損失を出してしまうまでの余裕がどの程度なのかを判断できます。

この比率が高い企業には、損益分岐点のラインを低く保ちつつ高めの売り上げを出しているという特徴があります。反対に、低い企業の場合は元々の損益分岐点のラインが高いために売上高の上回りが少ないといえるでしょう。

このような安全余裕率を出した時に、その比率を改善していきたいと考えた場合はどのような工夫が必要になるでしょうか。改善策として挙げられるのは、限界利益率を向上させることが効果的と言えます。他にも、固定費の圧縮などの工夫をすることによって、比率の上昇を狙うことができるからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ