企業の信用力を示すためのインタレスト・カバレッジ・レシオとは

企業が持つ信用力がどの程度かを確認するための指標として用いられている比率に、インタレスト・カバレッジ・レシオというものがあります。これは、会社が借入金などに対して利息を支払えるかどうかを知るためには欠かせません。支払利息や割引料など金融費用に対して、事業利益がどの程度になるかによって出される比率となっています。

具体的な計算式は、営業利益+受取利息や配当金÷支払利息や割引料です。
インタレスト・カバレッジ・レシオによって、その会社での一年辺りの事業利益が金融費用に対して何倍となっているかを確認できます。

これは、金融機関による融資を受ける際、或いは格付け会社による格付けを受ける場合に相手側から重視される部分です。
この倍率が高ければ、会社の信用力は高いということになります。即ち、財務に余裕がある企業と判断され、有利子負債の返済も安全であると判断してもらえるでしょう。

しかし、反対に倍率が低いと会社の信用力も低いと判断され、財務に余裕がなく有利子負債の返済が危ういのではと判断されてしまいます。
ただ、必ずしも借金を増やすことが悪いことにつながるかというと、決してそのようなことはありません。

例えば、ベンチャー企業や新興企業などのように、今後も大きな成長を期待できるような企業で考えたとします。この場合は、事業を拡大するために借金を増やすことも望ましいこと、とされることもあるわけです。最終的には、会社がどのような成長をしているのかも踏まえて考えていく必要があると言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ