当座資産の一種、受取手形とは一体どのようなものか

会計上では、さまざまな手形の種類が存在しており、その一つに受取手形と呼ばれるものがあります。これは商業手形のことを指していますが、例えば商品、或いはサービスなどを販売した場合、販売先から対価として受け取ることができるものです。

これは流動資産の中の当座資産として分類されるものですが、そのため貸借対照表では資産の部として計算されることになります。ここでご紹介した受取手形の他、為替や約束手形などの種類も存在していて、共に有価証券の一種です。

まず前者については、定められた期日内に受取人に対して、振出人が決められた金額の支払いを行うということを約束するものとなっています。次に後者についてですが、こちらも定められた期日内に決められた金額の支払いを約束するという点は同じです。

しかし、こちらの場合は振出人と受取人との間に、支払い人と呼ばれる第三者が存在しています。つまり、前者が振出人と受取人が直接行うもの、後者が第三者を介して行うものというように覚えておくとよいでしょう。ただし、これらは違いがあるものの、基本的に会計や簿記の中では特別な区分をするようなことはありません。

そのため、一般的には両者共に同じ勘定科目によって処理されていると言われています。最後に、先日付小切手は会計における処理で受取手形として処理されています。通貨代用証券の一つとされているものの、処理はこの科目になるので、間違えることないように覚えておきたいものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ