売上債権回転率を知り、債権の現金化の効率をはかる指標

企業では普段、私たちがあまり目にすることがないような取引などもされています。手形を使った取引や売掛金といったものがまさにそれで、売掛金は一昔前にはあった「ツケ」だと思えば理解が早いでしょう。

そして、企業にとって売掛金や手形の未収分というのは債権となり、これがきちんと回収できなければ、企業はそこから利益を得ることができません。

こうした債権がどれだけ回転しているか、という指標を示しているのが、売上債権回転率です。回転というのはすなわち、債権がどれだけ早く現金化されたかということで、この回転率が高ければ高いだけ実際の回収までの期間が短いことを示します。

また、現金販売の割合が高く、資金回収の効率がいいことも回転率アップの理由となります。逆に、回転率が悪化している場合、低い場合というのは売掛金や手形を現金化できていない、回収が滞っていることを意味しているので注意が必要になってくるわけです。

売掛や手形で商品購入やサービスの利用をしてくれる先というのは、やはり企業にとっては貴重です。現金での販売以外にこうした大きな額の売上があるからこそ、企業も大きくなれます。

こうした債権がきちんと回収できなければ、売上に反して企業の収益事情というのはカツカツになっていきます。売上高や売上総利益などを見るだけでなく、こうした売上債権回転をきちんと把握しておくことも、企業の業績アップには当然必要になってくるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ