企業の財務分析に欠かせない売上高営業利益率

売上高営業利益率は会社の売上高に対して、営業利益が占める比率を表わす指標です。あれば、経営の立場にいる方には特に、常に意識しておきたい数値となります。営業利益は企業会計の損益計算書において粗利益から販管費を差し引いた収益のことを指します。

本比率は企業の通常の営業活動から得られる利益についての利益率が判断でき、企業の本業における収益力の強さがわかるようになっていて、これは本比率が高くなるほど、事業活動において利益を生み出す力が強いということになります。

一般的に売上高営業利益率を使用して財務分析を行う場合、競合する同業他社や業界平均値、過去の事業活動での売上比率などを比較して分析する以外に活用する手段として、売上総利益率と組み合わせて使用するほうがいいとされています。

理由は売上総利益率が高くなっているにもかかわらず、本比率が低くなっていれば人件費や広告宣伝費、あるいは事務所にかかる経費などがかかりすぎているということになるからです。またはその逆で売上総利益率がそう高くはないのに、本比率が他社よりも高くなっている場合は、経費削減を積極的に行っている企業と見ることができます。

営業利益と売上高営業利益率が過去に遡って恒常的に低下している企業は本業の儲けが芳しくないと判断されるので注意が必要です。一方で、そのことによって何が悪いのかが特定しやすくなります。以上のことから、本比率を企業の業績をを立て直すための指標とすることもできるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ