事業活動全体における利益率の売上高経常利益率

売上高経常利益率は企業の売上高に対して、経常利益がどのようになっているかを示す指標のことです。これは主に財務活動を含めた企業における通常の事業活動における利益率を示す財務的な指標です。

金融収支の増減や資金調達力の差異などの財務面を含めた総合的な収益性が反映されるため、この比率は高いほどよいとされています。
この場合の経常利益は事業の収益力を表す営業損益に、常日頃行っている財務活動などからくる損益を加味して計算されています。

会社の事業活動全般から得られる総合的な収益力を占めるものなのです。
売上高経常利益率を計算して分析するときは、売上総利益率や売上高営業利益率などを組み合わせて使用することが大事です。これは営業利益率が高くても、借入金などの利子負担などがかさみ経常利益率の段階でかなり低くなっている場合があるからです。

その一方で、営業利益率はそれほど高くないのに、配当収入が大きくなっているのでこの率が高くなっている場合があるからです。売上高経常利益率については、競合する同業他社と比較することによって収益性を相対的に判断するというメリットもあります。

本利益率は経常利益から売上高を除する百分率で求められます。また、本業の健全性を確かめるためにも本利益率の他の指標を同時に見ておくことが望ましいのです。また、企業の実力を一番明確に表している指標といえますので、時価総額と合わせて判断材料として用いられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ