前期に比べてどれだけ伸びたかを示す売上高成長率

売上高成長率は、別名を売上高伸び率とも呼んでいます。これは今期の売上げが前期と比較して、どのくらい伸びたかを表す財務指標です。一般的に売上高は、企業の成長性やどのくらい伸びるかを計る基本的な尺度です。今期の売上げが前期よりも上がっていれば増収ですし、下がっていれば減収ということになります。

その分析にあたっては、過去5年あるいは過去10年にわたっての数値に変化に着目して、その推移を客観的に判断することが望ましいとされているのです。
この指標が高くても、それだけでは企業が成長しているという判断はできません。

会社が属しているマーケットの成長率や物価の上げ幅を下回っていては成長する意味がないでしょう。その場合では現実的には販売高の減少、しいては企業の成長性が鈍化あるいは低下していることを意味していますので、注意が必要です。

本指標が売上拡大、あるいは事業拡大によって急激に伸びた場合、それに伴って借入金が大きく増加していることが予想されます。その場合は安全性の速やかなチェックが重要です。

また、急激な数値の変化は債権回収の遅れや、在庫管理などの社内の管理体制が追いつかないこともありますので、その成長がバランスの取れたものであるのかどうか、そして会社の実力に見合ったものなのかどうかを適切な時にチェックする必要があるのです。

売上高成長率は、当期売上高から前期売上高を引いたものに前期売上高を除したものの百分率で表すことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ