売上高総利益率採算性を計る経営指標となる

売上高総利益率は別名を祖利益率とも呼んでいます。企業の売上高に対して、売上総利益が占める比率を示す指標のことです。この場合の売上総利益というのは、損益計算書の利益の中で一番最初に出てくる利益のことで、売上高から売上原価を引いて計算されます。

売上総利益は販売された商品、あるいは製品やサービスを提供したことによる利益の合計であり、企業活動において収益力や競争力の源泉ともいえるものです。一般に本比率が高いほど評価が高く、景気の良いときは当然のごとく上昇し、景気が悪いときは下降します。このことから景気を占う判断材料ともなるのです。

この比率は売上総利益から売上高を除した百分率で計算されます。
売上高総利益率は経営陣にとっては、収益性や事業の採算性を計る経営指標としての意味があります。

また、販売している商品あるいはサービスを提供したことによる利益率が高いかどうかを判断する指標としても、活用されているのです。具体的には商品の利益率が高かったり、採算性が高く付加価値の高い商品構成であった場合、あるいはマージンを極力カットすることで、利ざやが高かった場合は本比率は高くなります。

いっぽうで販売力が低く採算性が低い場合、あるいは販売会社や代理店を経由した場合は本比率は低くなる傾向にあります。また、業種によっても販売力などは大きな違いがあるでしょう。そして同業種においても企業が変われば、当然その中身も違ってきて大きな差がでることもあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ