資産として計上する、請求できる権利である売掛債権

売掛債権は、別名を売上債権または営業債権と言い、企業の通常の営業活動により、商品や製品の販売あるいはサービスを提供したものの、まだその代金を受け取っていないことで請求できる権利を指します。いうなれば請求権です。これは企業会計の中では資産の一つとして組み込まれています。

具体的に似たようなものとして、売掛金や受取手形などがあります。
また、一般的には売上債権流動化、あるいは売上債権担保融資保証制度などで使用される場合が多いです。

ここでいう売上債権流動化は、決済期日が来る前に企業が保有するまだ代金の発生していないものを、銀行などの第三者機関に譲渡することや、担保として融資を受けることで資金調達を行うことをいいます。

もう一つの売上債権担保保証制度は、中小企業の経営者が請求先に対して保有していて、これを担保として銀行が融資を行う場合には、信用保証協会が保証を行う制度をいうのです。売掛債権は売掛金として資産計上できているだけで、実際にお金が入ってきているわけではありません。

ですから、未収扱いということになるのですが、収入として認められているのです。しかし、債務者である請求先が不渡りを出すなど経営が破綻した場合は、これらを回収できないケースがあります。

そうなると資産から一転して負債ということになるので、注意が必要です。これらの観点から売掛はできるだけ早く請求書を発行して、支払いを終えてもらうほうがいいと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ