本業以外の活動によって得られる営業外収益

営業外収益は、企業の財政活動やさまざまな投資活動など、本業以外の商業活動によって得られた、経常的に発生する収益のことです。具体的にどんなものがあるかというと、会社が定期預金や積み立て預金などをしていた場合には、それに利息がつくと会社としては収入になりますし、当然利益計上をしなくてはいけません。

この収益は会社本来の活動によって得たものではありませんので、売上高と区別する形で、商業活動以外の収益であることをわかるようにしていなければいけないのです。具体例には、割引料や受取利息、受取配当金、有価証券利息、不動産賃貸料、売買目的有価証券売却益、仕入割引、雑益などの費目があげられます。

営業外収益の財務諸表においての表示は、上述の費目をもって表示するのが一般的です。一方例外として、金額的にもわずかであり、重要性が認められないものであれば、雑収入などの費目で一括で表示することが認められています。

また、似たような費目で投資有価証券売却益や、子会社株式売却益などについては、特別利益に計上されるので、注意が必要とされているのです。
営業外収益は、企業会計の損益計算書において、計上利益の区分に表示され、営業外費用と共に営業外損益を構成しています。

また、経常利益は営業利益と損失、それに営業外損益を足したものです。また、営業外費用という似たような費目がありますが、これは事業利益には入りませんので、重ねて注意が必要ということになるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ