営業外損益とは企業の本業以外の活動によって被ったものを指す

営業外損益は企業の本業ではありませんが、本業を継続していくために必要な財務的な活動や、それに付随する行為から発生する損益です。損益計算書の区分の一つであり、長期的な保有目的の有価証券や固定資産などの売却損益、あるいは災害による損失などが含まれます。

また、主なものとして金融上における活動から発生した財務収益と財務費用を指すこともあるでしょう。営業外損益は、営業外の収益と費用からなります。営業外収益は毎期経常的に発生する収益で、通常の活動ではない本業以外のところから生じる収益のことです。

毎期必ず発生する取引ということになれば定期預金などの預け入れや貸し付け、そして株式取得などがこれにあたり、いうなれば財務活動ということになります。もう一つは営業外費用です。これは毎期経常的に発生する費用のことで通常の業務ではない本業以外の活動から発生する費用を指します。

主に借入金の利息であるとか、社債の発行に関係する費用、株式の評価損・売却損などの財務活動による費用となるのです。
営業利益に営業外損益を足し引きすると、経常利益という企業の業績をもっとも端的に表すものになります。

通常業務での成果、そして財務上の成果ということで、企業の正常な状態においての収益力を表すものとされているのです。また、受取利息、受け取り配当金を足したものから、支払い利息、支払割引料を引いたものが金融収支と呼び、これがプラスだと財務活動から利益が出ていることの証明となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ