企業の営業活動以外に経常的に発生する営業外費用

企業の通常の企業の商業活動以外に経常的に発生する費用を、営業外費用といいます。具体的には、企業の財政活動や投資に関わる活動、といったように通常の経営以外の活動によって出るものです。

他に、月賦などの借り入れ金や、社債等の金融関係の費用、そして有価証券などの余裕資金運用での損失、繰延資産の償却費等がそれとして、計上されます。会計上の仕訳項目としては、社債利息や手形売却損、有価証券評価損、開業費償却、支払利息などがあり、他にデリバティブ評価損、社債発行・新株発行費や社債発行差金償却といったものも営業外費用です。

この費用は、企業会計の損益計算書において、営業外収益と合わせて営業外損益を構成しています。また、営業損益と、営業外損益を合わせたものが経常利益となるのですが、経常利益は企業の正常な収益力を示す指標としてあらゆる場面で用いられています。

この場合の正常な収益力とは、固定資産税の売却損益や長期間保有してきた有価証券の売却損などの臨時的な損益を排除し、毎期毎に発生する経常性のある項目を集めて集計した利益なのです。また経常損失という言葉は経常利益と対として用いられます。前者はプラスであり、後者はマイナスを意味しているのです。

売上割引がどうして含まれるのかというと、これは仕入れ割引と同様に期日よりも早く売上代金の決済を受けることで、売上代金の減額をするものなので、利息の支払いと考えられ、営業外費用に属することになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ