企業会計における一切の経費にあたる営業費

営業費は、会社会計の上においての勘定科目の中の区分の一つであり、販管費あるいは販売費及び一般管理費と呼ばれています。会社の本業に関する営利活動全般や、一般事務業務をすることにより生じる費用のことです。

また、これには売上原価や、財務活動に関する費用は含まれていません。本科目に属する具体的な費目は、企業独自で設定することとなっているのです。売上原価は商品あるいは製品を製造するため、そしてサービスを提供するためにかかるお金で、仕入原価、製造原価とも呼ばれています。

大きく分けると、企業の販売活動において直接的に要した費用となる販売費と、財産やサービスを生み出すために直接に費やした費用ではないが、企業活動を存続するために必要な一般管理費の二つから構成されています。販売費は、販売促進費、広告宣伝費、に加えて、荷造発送費、営業社員の人件費などを指します。

そして、営業に関わる費用だけではなく、一般管理費という、経理や基幹業務を行うような所謂間接部門の人件費や、福利厚生費、法定福利費、なども全て含めて、事業の活動に関わる費用とみなすわけです。

損益計算書においては、売上総利益からこの営業費を差し引くと営業利益となり、企業の経営状態を表すバロメータとなります。営業利益がマイナスになると営業損失ということになり、企業の経営状態が芳しくないと判断されてしまいますので、企業にとって販管費を以下に抑えるかがとても大切なこととなるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ