売上総利益から経費を引いたものがプラスになる営業利益

営業利益は、企業の本業における収益力を見るための利益指標です。損益計算書においては、粗利益である売上総利益から販管費である販売費及び、一般管理費を差し引いたものを指します。本利益がマイナスになった場合は、営業損失ということです。

また、粗利益から差し引く販管費は、販売に関する業務や、管理に関する業務で発生した、全ての費用が対象となり、これには減価償却費、交際費、販売促進費、福利厚生費、研究開発費、広告宣伝費、給与手当、賞与手当など多くの費目があります。

営業利益は企業が販売した商品、あるいはサービスの利ざやの合計から、日常の販売に関する業務や管理に関する業務で発生した、全ての営業経費を差し引いて計算しています。そのため、経営状況や販売部門の効率性を含めた、企業の本業での収益力を表す重要な指標といえるでしょう。

また、企業によっては人事部門において、賞与原資を算出するための業務的な指標として活用されることもあります。これが営業損失となった場合は、企業活動において販売費及び一般管理費が巨大になりすぎているので、経営においては、経費削減が常に叫ばれているのです。

一般には企業の財務状況を分析する場合、前年度の営業利益と比較したり、競合する企業とこれを比較することで、本業の利益水準を判断しています。また、売上高に対する比率を示す利益率も会社の収益力を判断する上で、大変重要なものとなっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ