会社の発展に不可欠と判断した場合のエクイティファイナンス

エクイティファイナンスは、新株発行に伴う資金調達のことであり、企業の株式資本の増加をもたらすための資金調達のことを表します。具体的には公募である時価発行増資、株主割り当て、第三者の割り当てといった払い込みを伴う際の増資や、転換社債型新株予約権付社債等の新株予約権付社債の発行などを総称する時に使われます。

一般的にデッドファイナンスが負債の増加を表すのに対して、資本の増加を表すところに大きな特徴があるでしょう。

エクイティファイナンスは、発行会社である企業にとって、原則として返済期限の定めることのない資金調達であり、財務体質を強固なものにするために効果がある反面、株主である投資家にとっては調達した資金が、中長期的な収益拡大に貢献する投資に充てられない場合、1株あたりの価値の希薄化と呼ばれるダイリューションが起こったり、調達した資金が適切な投資に充てられなかったりした場合において、企業の配当政策などに影響がでるなどのリスクがあります。

そのためこれを実施する際には株主である投資家に対して、合理的な説明をする必要があります。企業がエクイティファイナンスを行う場合は、株式相場においてポジティブに評価され、株価が上がることもある反面、ネガティブな評価をされる場合もあります。

そうなると当然ですが、株価が下落することになります。その反応は一概にどちらに振れるかは行ってみないとわからないことが多く、本当の成否の判別はある程度の時間の経過が必要となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ