負債として計上する未払い金としての買掛債務

買掛債務は、営業債務とも呼ばれ、商品の購入やサービスの提供を受けて、まだ納めていない代金の支払い義務のことです。これは企業の負債の一つであり、未払い債務を意味しており、具体的なものには買掛金や支払手形などがあります。

本用語は有利子負債と区分するときにも使用され、債務管理は経理実務で使用されることが多くなっているのです。買掛債務は企業がその経営活動に必要な商品や原材料の代価、そしてサービスの提供を仕入先から信用取引によって購入することから生じる未払い金です。

一般には仕入れ先からの請求書が来て計上されますし、内部では仕入れ先管理表、あるいは未払い一覧表及び、その明細書で管理されています。企業にとっては短期調達資金としての意味があるのです。

その仕入取引の際に仕入先に対して、約束手形を振り出すか、為替手形を引き受けることになった場合は、その未払い金は企業会計上、支払手形勘定で処理されることになります。買掛債務回転期間は、残高が月商の何カ月分であるのかを検証する財務分析の手法です。

そのためこれは、買掛金、支払手形を合算したものから、月商を除したものが回転期間となります。買い掛けの場合、この期間が長いと運転資金に余裕が生じますが、あまり期間が長くなると、将来的にも支払い債務が増大することになるので、安全面から考えると好ましいものではありません。また取引先との信頼関係を考えると、回転期間が長くなることはマイナス要素が多くなるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ